イギリス新50ポンドのアラン・チューリング氏肖像紙幣に、2進数の隠しメッセージが

新50ポンド札に計算機科学の偉人アラン・チューリング氏が登場することが15日にニュースになりましたが、とあるツイッターユーザーが、この紙幣デザインに隠れた2進数の秘密を見つけています。 この部分ですね。紙テープをイメージしたようなリボンに、1と0の数字が並んでいます。 https://twitter.com/danbarker/status/1150754128362188800 @danbarker さんは、この数字列 1010111111110010110011000 を2進数として10進数に変換した 23061912 が、チューリング氏の誕生日(23/06/1912 = 日/月/年

ソーシャルメディアに「人生の残り時間」を表示するブラウザ拡張

Social Media Death Clock (ソーシャルメディア死の時計)は、ソーシャルメディアサイトの目につく場所に、あなたの余命を表示するという Chrome ブラウザ拡張です。 作者のアンソニー・モリスさん(Anthony Morris)は「ソーシャルメディアで時間を浪費している間にも、自らが不死でないことを意識せよ(Remind yourself of your mortality while you

Netflix Hangouts – 仕事してるフリで映画鑑賞する、ビデオ会議風 Netflix ビューワ拡張

Netflix Hangoutsは、ビデオ会議をしているような画面を再現する Chromeブラウザ拡張です。 4つに分割されたブラウザ画面には話をしている人物の顔が動画で映っていて、傍から見ればビデオ会議中に見えます。 しかし、右下のカメラをよく見ると、Netflix の映画が再生されています。 Chromeブラウザにこの拡張をインストールしたら、Netflix で好きな映画を再生し、再生中に右上の拡張ボタンを押すだけで、この4分割状態となります。 Excel上でツイッターをするとか、Outlook 風画面で reddit 掲示板を読むとか、この手の偽装ツールはいろいろとありますね。 映画はさすがに無理ではと思っていたのですが、人物の顔のアップが多いようなジャンルの映画だと、意外に大丈夫なのかもしれません。 用意されている4つの動画の人物が、全員ヨーロッパ系なところが日本での利用に問題といえば問題でしょうね。職場で外国人たちとビデオ会議してたら、普通にネットフリックス観てるよりも目立つかもしれません。 via The

フリーな Photoshop のライバルツール GIMP の名前の由来。そして何度も出てくる改名提案

有名オープンソースツールの名前と政治的正しさに関する揉め事です。 gimp は悪い言葉か? GIMPという名前をより攻撃的でない(less offensive)名前に変えよう というチケットが GIMP のGitlab に投げられていました。 gimpという単語の意味自体を知らなかったので、まずこの人の説明する悪い意味と言うのを調べてみます。 gimp には「組み紐」という意味の他に「不自由な足取りの人」「役立たず」といった意味もあるそうです。なるほど。この意味で使われる時は他者を軽んじたり攻撃したりが多い、ということ。 今回は、改名を支持するコメントに10個以上の「いいね」がついているようですが、このチケットに別の掲示板からリンクが張られていて、その掲示板の読者が集団でやってきて「いいね」を押しているのではないか、という意見も出ています。普段GIMPの開発に関わったりユーザーだったりではない人々に操作されているのでは、ということですね。 チケットは短時間で「対処しない」とクローズされていますが、どうも、この改名提案は不定期にGIMPプロジェクトに寄せられ続けている、よくある提案なようです。 GIMP の名前の由来 GIMP の作者、スペンサー・キンボール氏(Spencer Kimball)とピーター・マティス氏(Peter Mattis)の1997年のインタビュー記事で、 当時、映画「パルプフィクション」が話題になってて、そこからある一つの単語が思い浮かんだんです At the time,

🎬Film Map of the World – 地名に関係した映画を配置した「映画世界地図」

🎬 Map of the World は、世界のそれぞれの国について10本、最もウィキペディアで閲覧された映画を抽出し、その都市や地名の場所にプロットした地図です。 日本を拡大したのがこれ。 東京の「キル・ビル」はいいとして、「パール・ハーバー」で福岡、「(七人の侍ではなく)荒野の七人」で神戸、「もののけ姫」は埼玉、と、よくわからないプロットもあります。英語版ウィキペディアの記述の中に地名があったら、それを使っているということなのですが、英語版のもののけ姫の項目、今見ても埼玉とか書いてないんですよね。 最近閲覧数の多い項目で、日本の地名を含むもの、という条件、さらに英語版のウィキペディア、ということで、日本人から見るとよくわからない選定にも見えますけれど、英語版の世界から見ればこれが日本の映画で、その映画に縁の深い場所、ということになってしまうのでしょう。 日本の10選がこんな感じなので、他の国についても推して知るべし、という程度のいい加減さではあるかもしれません。地図の作り方は面白いけれど、データの取り方にもう一工夫必要なのではと思いました。 via Maps

機械学習で3塁コーチの盗塁サインを見破る

実験工作系有名YouTuberのマーク・ローバーさんの新作は、実用的で面白く、機械学習がどんなものかを野球ファンに強く印象づけるような動画です。野球のコーチが出すブロックサインを、機械学習を使って当ててしまおうという企画。 まずは子供の野球を使って単純なサインを当てるのですが(02:00)、これはサインと盗塁したかどうかを3通り入力しただけで当てられるようになってしまいます。この時点では、帽子と左耳を連続で触った時だけが盗塁の指示でした。 動画は04:00 あたりから機械学習の簡単な紹介をし、06:00 からは、50人の草コーチに尋ねたブロックサインの作り方を説明します。 ほとんどのコーチが、あらかじめ決めておいた場所=インディケーターを触った後にどこを触るかで、盗塁を伝えていることから、機械学習を使うまでもなく、90%の盗塁サインは見破れるとなりました。 残りの10% を見破るものとして、ニューラルネットワークを適用します。 正しいデータの入力は、まだ泥臭い方法を使っています。3塁ベースコーチの様子をカメラを設置して撮影し(11:40)、学習結果を用意しておきます。 そして、スターバックスの空のカップに隠した GoPro で映したコーチをスマートフォンで見ながら、すべての動作をアプリ上で入力すると…

Year Progress – 一年の何パーセントが過ぎたか教えてくれるツイッターアカウント

ツイッターアカウント @year_progress は、一年間の時間の経過を百分率で通知してくれるという単機能の bot です。

ちょうど一年の半分を過ぎたところだったようで、50% のツイートが流れてきたことで知りました。

単純な bot ですが、

グラフはテキストで作られていますね。やろうと思えば画像にしていくらでも凝ったものにできるでしょうけど、これも味わいがあって面白い。

▓▓▓▓▓▓▓░░░░░░░░

27万人ものフォロワーがついています。日時の経過を定期的にリマインドしてもらうことで、何かやらなきゃな、という気持ちになれるのかもしれません。

落とした財布が戻ってくるか世界40か国で行われた実験結果

世界の40の国、355の都市で17000個の財布を落として実施された大規模な社会実験結果が発表されました。

「落とされた」財布には、以下のようなものが入っています。

  • 現金 米ドルで$13.45(1430円) 相当を現地購買力に合わせて補正した現地の通貨
  • 同じ名刺が3枚 メールアドレス入り (現地によくある男性名で、現地語)
  • 買い物リスト (現地語で)

財布によって条件を変えて、結果にどう影響するかも調べたそうです。たとえば、現金は入れない”No Money”の条件。鍵を入れる入れない、など

これを、銀行、劇場や美術館等、郵便局、ホテル、警察署、裁判所、などの受付に「角にこれが落ちてました。私は急ぐのでこれで」と連絡先を教えずに去り、中の名刺に書かれた連絡先に連絡が来るかどうか、を調べたそうです。

お金を入れたものと入れなかったものの二つを国別にプロットしたのがこちらのグラフ。

40か国中38か国で、お金が入っていた方(赤い点)の方が、持ち主に戻ってきています。お金が入っている方が、「持ち主に届けなきゃ」という気持ちが出るのですね。メキシコとペルーのみ、現金が入っていない方が財布の戻りは良かったそうですが、その差もそれほど大きなものではありません。

また、「お金だけ」「鍵だけ」などの対照実験では、鍵が入っていた場合の戻り率が高かったということ。鍵を亡くしたのは困っているだろう、という他者への想像力でしょうか。

なお、「戻ったかどうか」は、100日以内に名刺のメールアドレスに連絡が有ったかどうか、で判定しているそうですが、その後に実際に財布が戻った際に、現金が抜かれたうえで戻ってきた率は2%以下に過ぎなかったそうです。

北欧諸国では8割の財布が戻ってきたそうで、すごいですね。実験対象に日本が含まれてないのが残念です。日本も自己イメージとしては落とし物が戻りやすい国ではないかと思いますが最近どうなんでしょうね。

via Bored Panda

Remember the Fire – ビリージョエルの”We Didn’t Start the Fire”の歴史的事物をグラフ化

Remeber The Fire は、ビリー・ジョエルの1989年のヒット曲 “We Didn’t Start the Fire”(ハートにファイア) の歌詞をグラフにしたものです。

歌詞をグラフに? どういうこと? と思われるかもしれませんが、この曲はとても変わった曲で、メイン部分の歌詞はほとんどが歴史的な事件や有名人などの固有名詞の羅列なのです。時代的には、第二次世界大戦後からベルリンの壁崩壊までの冷戦時代、彼が生まれてからそれまでの世界の歴史を彩った事柄を、若干アメリカ中心ではありますが、並べて歌ったものでした。

今回のグラフは、それらの事件や人物を「ウィキペディアで検索された回数」という観点でグラフにしています。

2019年1月と2014年1月の二つを同時に表示させると、この5年間で検索回数が増えたキーワード・減ったキーワードを見つけることもできます。

それぞれの事件や人物の解説は、ハートにファイア – Wikipedia がやはりわかりやすいでしょう。

OpenVim – ブラウザで動く Vim 入門

OpenVim は、ブラウザ上で動く Vim のインタラクティブなチュートリアルです。

20章にわかれたチュートリアルをこなしていくことで、Vim の基本的なコマンドを一通り知ることができます。

Unix サーバの管理を初めてまかされた、どうしよう、みたいな人には、コマンド表を見て覚えるよりちょっといいかもしれません。

ソースコードも公開されていて、たくさんのバグ報告や改善案が寄せられているようです。

LockScream – MacOS X のロックスクリーンを偽装してパスワードを横取りするツール

悪用しか使い道が無いように思えますが、GitHub で公開されてて入手できるツールです。

LockScream は、Mac で動かすと本物のスクリーンロックに代わって画面をロックするツールです。

起動すると OS に設定した本物の壁紙を表示し、メニューやドックを非表示にし、いろいろなキー入力を無効にします。画面を見ていつものロック画面だと思い込んだユーザーは、ロックを解除しようとパスワードを入れるわけですが、この LockScream がその入力されたユーザー名やパスワードを横取りできてしまえるというわけです。

パスワードはこのツールの裏側で本物のOSに問い合わせられるため、ユーザー名・パスワードが合っているかどうかも正しく判定でき、でたらめなパスワードでは(本物と同じように)エラーになります。動作も本物と同じため、パスワードを奪われたこと自体に気づくこともないでしょう。

横取りしたパスワードは特定のファイルに XOR + Base64 エンコードされて保存されるので、後でこのファイルを回収すれば、所有者のユーザー名/パスワードが入手できてしまいます。

仕込む際と取得したパスワードを回収する際の2回、アンロック状態のMac にアクセスできないといけないので、うかつなユーザー相手でなければそんなに誰でもが引っ掛かるわけではない、かもしれません。

攻撃者としては、ウェブからダウンロードさせて仕込むとか、回収したパスワード情報をネット経由でどこかに送信させるとか、複数の手法を組み合わせることで盗むよう全体を設計するのでしょうね。

ここまで偽装されると、ロック画面がニセモノだと気づいて回避できるかどうか自信がありません。こういったツールが仕込まれないように、アンロック状態でPCを放置しない、がまず重要かと思います。

ロンドン地下鉄文学地図

Literary Tube map of London (文学ロンドン地下鉄地図)は、In the Book が公開した、ロンドン各地の小説に登場した場所を、地下鉄路線図に書き入れた文学地図です。

中央部をちょっと見ただけでも、「シャーロック・ホームズ」「101匹わんちゃん」「ドラキュラ」「ジキル・アンド・ハイド」「二都物語」「大いなる遺産」など、錚々たる有名小説が並んでいますね。さすがはロンドン。

東京でも似たような路線図を作ると面白いかもしれませんね

akky's work blog