Appleに「買った」映画を取り消されたユーザーの話が広まる

カナダのアンドレアス・G・ダ・シルバさん(@drandersgs)がツイッターでiTunesで購入した映画が消えた件についてのアップル社サポートとのやりとりを公開し、話題になっています。 サポートからの返答はツイートの中にスクリーンショットで埋め込まれているのですが、ダシルバさん本人の要約がついているのでそちらを紹介。実際のメールの文面はビジネスライクに(とても)丁寧なので、この要約内の言葉、特にAppleサポート側の言葉はダシルバさんの解釈であることは注意してください。(= Apple社は「そんなことは言ってない」と言うでしょう) ヘイApple、買った映画3本がiTunesライブラリから消えてしまったんだけれど。 はい。それらはもう観られなくなりました。ご購入ありがとうございました。うち2本はこちらでレンタル可能です! 待てよ… 何だって??/p> レンタルには興味ありません。映画を元に戻すか、返金してください。 あなたの気持ちは全く良くわかります… そりゃご丁寧に。でもね… ご存じのように、私たちはただの売り場に過ぎないんです。 売り場? ええ。お代はいただきましたが、何が売られたかについては責任を持ちません。そして、どんなものであれ、売り場で買ったものを所持し続けられるという保証はしていません。返金はしませんが。 なるほど… じゃあ、「購入」ボタンは意味がないのでは? 「Feelin Lucky?」とでも呼ぶべきでは あなたがハッピーでないのはわかります。レンタルチケットをさらに2枚差し上げましょう。 https://twitter.com/drandersgs/status/1039270646243414016 ダシルバさんは、「故郷のブラジルに居た時に聞いた、『店でステレオセットを買い、家に持ち帰って開けたら重い石が詰まってただけだった』という話と大差ないな」と続け、「埃をかぶったDVDプレイヤーを復活させるか」と締めています。 1万以上のリツイートがされ、同様の不満の声を上げる人も多いですが、「契約上確かにこれはそうなっている」とか「Google や Amazon でも似たようなもの」「映画や音楽をオンラインで『所有』できる、という考えが誤解なんだ」「『買う』ではなく『長期レンタル』ということだ」「映画を『ライセンス』しているが正しい」という指摘もありました。 # Amazon は2009年にユーザーの Kindle から買われた本を消したことで裁判まで行ってます。 Apple がコンテンツを買っている配給元が、カナダでの利用条件を変更したのが原因であり、実際Apple側に映画をキープさせる権利はなさそうです。ですが、一度は「売った」ものが使えなくなったのだから、返金は必要じゃないのかなあ。もし売り場の人が返せないとしても配給元が。 via

React.js – 「ブラックリスト」は人種差別?

「ブラックリスト」の利用は侮辱的である! The use of blacklist is offensive! #13604 という React のGitHub Issues におけるバグレポート。 報告者は、「人種差別的や、家父長的な背景のある用語を避けよう」という主張で、こちらのツイッターを引いています。 ブラックリスト → 否定リスト ホワイトリスト →

映画のワンシーンのような画像解析ごっこができるブラウザゲーム Enhance.computer

ENHANCE.COMPUTERは、ウェブブラウザで遊べるシンプルなゲーム。 Begin Investigationをクリックして調査を開始すると、ノイズが載った画像が右側に表示されます。 この画像のどこかに隠されたコードを、カウントダウンされる時間内に探し出すのがゲームの目的です。 コードを探すには、Zoom in/Zoom outで拡大縮小、Moveで上下左右に画像を動かし、「コードはここだ」と思ったらEnhance。ただ、この指示はボタンを押したりコマンドを入力したりではなく、画面(マイク)に向かって叫ぶことで行います。 こちらのツイートは、作者によるプレイイメージ。 https://twitter.com/nicolehe/status/1029721756049666048 元ネタは映画 多数の映画の中に、このような、誰へともなく指示すると画像から何かが見つかる、というシーケンスがあり、そのようなシーンをまとめた動画(Let's Enhance)もあります。主人公がEnhanceといえば、たいていの画像から手掛かりは見つかってしまいます。 https://www.youtube.com/watch?v=LhF_56SxrGk このENHANCE.COMPUTERを使うことで、こういった映画の主人公の行動を、自宅や会社でも再現できる、というわけですね。 via The Next

アメリカ50州の形をどれぐらい覚えているかクイズ

TIMEの記事で、尋ねられたアメリカの州の形をブラウザ上で書くクイズ、というのがありました。 「フロリダの形は?」と聞かれ、四角い枠の中にマウスで思い出した形を書きます。How Did I Do?(どうだったか?)ボタンを押すと、実際の形と重ねて表示し、A-Fでどれぐらい正確だったかを採点してくれます。 まあ、わからなかったら真四角を描いておけば、それなりに当たったりもするのがアメリカですけど。 予想した各州の形を集めた、マイ・アメリカ合衆国の地図をダウンロードすることもできます。こんな感じになりました。 日本地図ならもうちょっとマシになるかなあ via Maps

イギリスは「九九」じゃない。12×12までの掛け算を暗記する意味ってあるの?

小学校で習う「九九」、一桁同士の計算の結果表をそのまま暗記しておくことで、計算速度を早くする技術。説明するならそんな感じかなと思います。日本では9x9 まで覚えればいいことになってますが、この上限は国によって違うみたいですね。 イギリスや旧英植民地では、9x9 じゃなくて 12x12 までの掛け算表を小学生に覚えさせたりしているようです。「九九」的に言うなら「十二十二」ですね。イギリスの場合は9歳までに 12x12 までを覚えることとされているよう。また、インドでは 20x20 まで覚えさせられた、という話も見つかります。 掛け算の表を暗記すると、計算の時にどれだけ有利になるか Wolfram Alpha の12x12 の掛け算テーブルを覚える意味はあるの?というブログが、大きな数の掛け算の答えを暗記する教育に対して、数式を使った効果検証をしています。 ブログでは、掛け算の答えを暗記しておくことの利点を3つ挙げています。 日常の役に立つ (でも、12x12 を覚えて

火事の時のgitコマンド

First things first 🙂

A post shared by Tibor Szász (@tiborsaas) on

火災の時は

  1. git commit
  2. git push
  3. 避難せよ

“First things first” = 「まずやるべきこと」

2015年ぐらいから広まっているミーム(meme, ネットの流行語・ネタ)らしいです。

張り紙のデータ

このミームを受けて、写真中の張り紙を再現するデザインがいくつも作られ、公開されています。

https://gist.github.com/monkbroc/c66840b399bbcd93b642

https://github.com/louim/in-case-of-fire

https://github.com/dwyl/hq/issues/175

Tシャツなどのグッズもありました。

git fire コマンド

このmemeが出てきた掲示板の議論を見てると、「新しいブランチを切らないと後で困るんじゃないか」とか「プロジェクトルートにいるとは限らないだろ?」とかいろんな突込みが出てくるのもいつものことのようで、それらに対処するという意味でgit-fire コマンドを紹介する人が多いようです。これを入れておくと、ワンコマンドでより良い退避活動が取れるそう。

# 本当に危険な時は、コマンドなんて打つ前に逃げましょうね。もちろんソーシャルメディアへの投稿も後で

via reddit

犬のフンを始末しない飼い主を、撮影して看板に

写真を見たまんまですが。

オーストラリア、アデレイド在住のスティーブ・タブリンさんは、早朝に家の前に残される犬のフンに悩まされたあげくに、監視カメラで撮影して犯人の飼い主を特定したそうです。

フェイスブックでその犬と飼い主の決定的瞬間の動画を公開したところ、飼い主の女性が誰かわかったというユーザーが「今からでも戻って片付けるように」本人にアドバイスしたそうなのですが、実行されず糞は放置されたまま。

それなら、と、動画の決定的瞬間を印刷し、ラミネート加工してその場所に看板を立てた、というのが話題になり、地元のテレビ局の取材が入ったということ。こちらがそのニュース動画です。

日本でこれやったら、撮影して掲示した人の方もソーシャルメディアでいろいろと言われそうに思いますが、オーストラリアだとテレビ局含め、ほとんどが「よくやった」という反応みたいですね。

via Geekologie

Fuzzify.me – フェイスブックでどんな広告のターゲットにされてるか一覧・管理できるブラウザ拡張

オープンソースのブラウザ拡張fuzzify.meは、Facebook が表示するターゲット広告の種類や内容を把握しやすくし、必要であればターゲットから自分を外すこともできるツールです。Mozillaフェローのハン・ド・チー・ダックさん(Hang Do Thi Duc)らが開発・公開したものです。

拡張は Firefox 向けと Chrome 向けが提供されていて、GitHub でソースコードも公開されています。拡張機能のインストールには、Facebook にアクセスした時の情報を与える必要がありますが、これは機能を考えると仕方のないところでしょう。

広告ブロッカーが入ってると動きません。また、シークレットモードでも動作しません。

拡張を入れてからフェイスブックを開くと、広告の上下に紫の線が表示されます。

数分間フェイスブックのタイムラインを眺めてからFuzzify.me のボタンを押すと、専用のタブが開き、表示された広告がずらずらと列挙されます。

それがターゲット広告であれば、広告のスポンサー名や写真・本文の他に、「フェイスブックがこの広告を自分向けに表示した理由」がグレーのボックス内に表示されます。たとえば「プロフィールや位置情報から、日本に住む18歳~60歳と判断して出した」「likeしたページやクリックした広告の種類から、テクノロジーに興味があると判断して出した」といったもの。

これらのターゲット化の根拠情報は、実は通常のFacebookサイト上で、広告の右上のメニューから「このメッセージが表示される理由」を選べば読めるものです。

この拡張機能が何か特別なことをして読めるデータというわけではないのですが、自分でどれが広告か認識し、メニューからわざわざ開いて見に行くのと、こうやって一覧して表示されるのでは、使い勝手は全く違うものになりますね。まあ、Facebook や広告主としてはあまりチェックしてほしい情報ではないのかもしれませんが。

拡張からは広告設定のページに飛び、複数の被ターゲット状態をチェックボックスでまとめて削除することもできるようになっています。

via Venture Beat

TechDen – 子供の「スマートフォン中毒」にハードウェア+アプリで利用制限をかける

TechDen は、子供のスマートフォン利用を制限するための新しいガジェットです。

「より健康的なスクリーン習慣を子供につける」と謳うこの商品、スマートフォンやタブレットにインストールする監視アプリだけでなく、デバイスを格納するためのハードウェア「箱」がセットになっています。

この箱に充電機能(iOS, microUSB 両方)が備わっていて、使い終わったスマートフォンをここに入れて充電させるよう。目に見えないところに隠すことで、すぐにまた触るのを防ぐ、という感じですかね。

# 鍵が掛かったり、充電ができなくなったり、とかそういう凝った機能は無さそう。充電自体は別の充電器、親の使ってるものとか、が家にあればそちらでもできてしまうような…

アプリの方は、デバイスが使える時間帯や使える時間の上限を親がセットして守らせたり、「あと何分で終わり」といった通知を出したりするもので、これについては同様のものが既にいろいろとあるでしょう。

使い方や時間制限を守るとごほうびが貰えるようなインセンティブの仕組みについても何かしら作ってるようです。

クラウドファンディングの Kickstarter 上での募集で、予定では今年の年末に製品発送ということ。今だと早期割引で $119(1万3244円) 。アプリやサービスは無料で購読料等もないそうです。

「スマートフォン中毒」自体も、まだ本当にそれが害なのか、それともこれからスマートフォンやタブレットが当たり前の時代に生きていく子供たちのための当たり前の適応なのか、はっきりわかってないところです。

しかし、それが当たり前でない時代に生きていた親世代にとっては、好きなだけ自由に使わせていいものかどうか、不安なデバイスであることは確か。日本でも「子供に使わせるな」とか「子供がだめになる」とか、雑誌や本やテレビ(娯楽という意味ではスマートフォン/タブレットの競合でもあります)でもいろいろ言ってますね。そういった親世代へ売れそうという意味では将来性がある商品かもしれません。

via Digital Trends

Dungeons TOME – D&Dのダンジョンを生成するジェネレーターサイト

Dungeons TOME は、D&D のダンジョン・マスターガイド(DMG)に倣った方式でダンジョンを作ってくれるジェネレーターです。

フォームで、迷宮の入口を中央、横、角のどこにするかを選び、reCaptcha で人間チェックを受けると、

ランダムな迷宮を生成してくれます。乱数のシードを入れると、固定された生成結果を得ることもできます。

台形、丸、八角形の部屋が生成されないのがDMGとの違いということですが、これは作るのが大変だからで、実装する予定はないそうです。

生成されたダンジョンは非商用なら自由に利用・配布可能ということ。ソースコードは非公開ですが、メンテしなくなることがあればソース公開するかもしれない、だそうです。

via Hacker News

akky's work blog