ネットで発音記号を再生させる方法

IPAの発音記号が与えられた時に、それがどういう音なのかを個々の発音記号の知識がなくてもオンラインで調べたい、と思い、やり方を調べてみました。(ツールをインストールしても良ければ espeak でできるようです) 結論としては、過去にいくつかあったサイトは今は無くなっていて、昨年末に公開された Amazon Polly を使うのが良さそうに思いました。AWSのアカウントを作る必要はありますが。 Amazon Polly のコンソール版を開く。 現時点ではPollyがまだ東京リージョンにはまだ来ていないので、北米や欧州でPollyが提供されているリージョンのサービスページを開きます。たとえばオレゴン SSML形式で、発音記号を与える プレーンテキストではなく、SSMLのタブを開きます。Polly でのSSML の説明はこちら。 フォームに、SSML の形式で IPA発音記号を入れます。 <phoneme alphabet="ipa" ph="ə'dʒʌks">Ajaxの間違った発音</phoneme> <phoneme

東京日本橋500円ランチガイド 2017年版

2016年に書いた2つの日本橋ワンコインランチ記事 東京日本橋 500円ランチガイド, 続・東京日本橋500円ランチガイド を2017年版としてまとめなおしたものです。記事を一つにして、無くなった店を外すなどしました。 順番は個人的なオススメ順です。(サイボウズ=日本橋駅からの行きやすさも加味してます) アロヒディン日本橋店 桃乳舎 酒膳茶屋FFクラブ 立ち飲み1・2・3 居酒屋福笑 人形町店 Standing Bar Gyo-BAR もつ千 (日本カレー) よもだそば (インドカレー) スパゲッティ マリアーノ ボーノボーノ 立ち呑み 呑んき あぐらし 食味鮮 中国家庭料理 王様 銀だこ 八重洲口店 ちゃい九炉

すべての病死が治ると人類の寿命はどうなるか? を試せるサイト

自然死が根絶したら平均寿命はどうなるか? (Life expectancy if natural death was eliminated)というサイトでは、老衰を含むあらゆる病死に治療法が見つかったとしたら、人は何で死ぬのか、どれぐらい長生きするのか、という思考実験を実際に試すことができます。 [Start]ボタンを押すと、開始時からの経過年(Year)がすごい勢いで増えていき、黄色の笑顔マークの中から、少しずつ事故で死ぬ人が現れます。マークの下の数字は、その人が死んだときの年齢。 事故の種類は下のアイコンで列挙されていますが、左上から右に、交通事故、銃で撃たれる、火災、階段からの落下、溺死、銃の事故、はしごから落ちる、飛行機事故、大竜巻、洪水、犬の攻撃、地震、落雷、です。 現在のそれぞれの死因の発生率を基に、ランダムにそれらが人生に降りかかってくる、というモデルで再現しているようなので、実行するたびに結果は変わります。しかし、何度かやってみたところ、最も長生きする人の寿命はまず数万年になりました。 自然死を外してみると、何の事故死が問題か見えやすい どんな病気でも、老衰すらも治療する医学上の大発展があれば、という仮定の話ではありますが、それ以外の原因で事故死する人たちを救うには何が必要か、というのも考えさせられる結果となるようですね。自動運転車の登場は多数の死因である交通事故を劇的に減らしてくれるでしょうし、銃が社会に与える問題(アメリカでのデータなので)の大きさもわかります。他にも心配されることが多いであろう飛行機事故や地震などより、これらの大きな問題を解決した方が、効果的だということです。 長い事みていると、その試行での平均寿命(Average life

Chess.com のiPhone版が32bitオーバーフローで動かなくなる

オンラインのチェス対局コミュニティChess.comのスマートフォン版が、プログラムのバグによって動かなくなる事件が発生していたそうです。 13日に公式フォーラムでiOS版ユーザーから「動かない」という声が上がりはじめ、開発チームが調査したところ、これまでにchess.com 上でプレイされたゲーム回数が 21億回を超えていたことが判明。正確には 2,147,483,647 回越えで、プログラマーならピンとくると思いますが、2^31, 符号付き32bit整数の最大値です。 サイト全体が動かなくなったのではなく、2013年以前のiPhoneを使っているユーザーだけに不具合が起こっていたので、運営もなかなか気づけなかったということ。運営ではみんなが新しいiPhoneを使っていたんですね。 32bit版のiOSを使う古いiPhone や iPad では、chess.com サーバから送られてきた JSON の解釈が、なぜか元と異なる値になってしまっていた、と。 開発チームは、クライアント側の修正とサーバ側の修正の2案を用意しましたが、テストチームのテストを通した後、ハック的でその場しのぎなサーバ側の修正は反映せず、Appleのアップストア側のアプリを新バージョンに更新することで修正としたそうです。 記念すべきオーバーフローを最初に引き起こした対局がこちら。 Hacker News やIT系のニュースで多く取り上げられたことで、「これまでの対局が21億回もある」という点がクロースアップされ、サイト的には良い宣伝にもなったようです。 via

犬トランプの発送を手伝う犬がえらい

artiphany 社の犬トランプ(Pack of Dogs Playing Cards)は、犬が何かをしているイラストがトランプの数字カードになっているというデザイントランプです。 カードのデザインもなかなか良いと思うのですが、この Pack of Dogs トランプの発送作業を手伝う犬の様子が動画で上がっていて、これが面白い。何を手伝っているかは見てみてください。 https://www.youtube.com/watch?v=Ly0jFmtpHhc トランプは$9.50 で、日本への送料を入れて$20 以下のようです。 via Bored

Caveday – 集中するためにスマートフォンを取り上げてくれるワークイベント

ニューヨークのCAVEDAY(=洞窟の日)というコワーキング・イベントでは、「先延ばしをやめよう」を合言葉に生産性の高い仕事をするための集まりを開催しているそうです。 「雑音に邪魔されず、個人的な仕事を集中して達成するために」参加するこの Caveday イベントは、何かを集中して完了させたいという同士が集まって作業をするための、日帰りの集会。作業内容は「脚本を書き上げる」「メールボックスを空にする」「礼状を書く」「ビジネスアイデアをまとめる」などなんでもあり。 朝食、ランチ、コーヒーやスナック、生産性向上のためのツール(スポンサー提供のネット遮断ツールや、集中できるBGMアプリなど)やアドバイス(主催者たちは生産性に関するエキスパートということ)、ポジティブな雰囲気、クリエイティブなサポート、がついた上に、参加者のスマートフォンを預かって使えないようにしてくれるこのイベント、費用はたったの$65 。貴重な日曜休日の早朝から夕方まで楽しむ?ことができるそうです。 参加者はお互いに「何を終わらせるか」を宣言し、合図にあわせて一定時間のスプリントに取り掛かる、というのを一日中繰り返すようです。 FastCompanyの記事では「好評につき$40 の参加費が次回は$45 に」とありますが、サイト上で案内されている最新の6/25のイベントは$65 にまで上がっているので、このイベント、本当に人気がありそうです。このまま人気が広がるなら、別都市に展開したり、常設で毎日参加で来たりするようになるのかもしれません。 早朝から一か所に集められて、朝は当日の達成目標を大声で発表、電話も掛けられず、外へも出られず、ご飯を一緒に食べて、8時間頑張ったら夕方には達成できたかどうかをみんなに報告。ブラック企業だってここまでやれば給料をくれるのに、日曜に同じようなことをやるために自らお金を払う。なんという頑張りでしょう。 イベントを紹介するニュースでは、「大人のためのベビーシッター」「大人の保育園」など厳しい言葉も出ていますが、管理されないとさぼってしまう人にとっては、お金を払ってでも集中できる環境がほしいということでしょうか。 日本でも流行るかもしれないですね? via FirstCompany and

デマが社会に広がっていくモデルを体験できるインタラクティブな図

Post-truth は、ポスト真実がソーシャルネットワーク上でどのように広がっていくかを、簡単なモデルでシミュレートできるサイトです。

図は人々がソーシャルネットワーク等でつながっている状態を示しています。丸が人で、丸と丸をつなぐ線がソーシャル上の友人関係。

濃い紫の人は詳しい人(Aware)、薄い紫の人は詳しくない人(Unaware)で、右下のスライダーで社会にいる人たちがどれぐらいその問題について詳しいか、を調整できます。

その上で、ネットワーク上のどこかにデマ(=「感情に訴えたポスト・トゥルース」)を投入すると、それをさらに自分の知人にシェアする人(赤色)と、シェアしない人(白色)に分かれます。

判っている黒紫の人が多い問題では、デマはなかなか広がりません。問題に詳しくない薄紫の人が多いと、あっという間に赤色が広まっていき、世の中の多くの人がそのデマに触れることとなります。その人本人が信じるかどうかはともかくとして、「友達が何人も言っていた」事になってしまうわけです。

このシミュレーターで何度か遊んでみると、デマを広げて社会を真っ赤にするためにはどうしたらいいか、もわかってきます。色が薄くて(=理解が浅くて)、色が薄い友人を多く持つ人にデマを投下すると良く広がっていくわけです。また、一度の投下ではあまり広がらなくても、別のところに2度、3度と投下し続けると、ある時うまく伝搬して広がっていったりもします。

社会の中で詳しい人を増やすことはもちろん対策になるのですが、どんな問題に対しても人を詳しくする、というのは実際問題不可能でしょう。となると、あとできることは「良く知らない事は広めない」かと思いますが、驚きをもって共有したい嘘ニュースが多数流れてくるソーシャルネットワークでそういう態度を取れる人は多くなく、その結果としてデマが途切れることは無いのかもしれませんね。

Ori – 狭いリビングを用途ごとに変化させるハイテク移動家具

壁に沿って移動することで、一つの小さなスペースが寝室、ラウンジ、クローセット、作業机、ソファ(Queen版のみ)などに変化する、というコンセプトの家具が Ori です。

使わない時の家具を片付けておく、ということで、使う側を広く使うことができます。これだけの大きさのものを手で動かすのはたいへんそうですが、電動で動くので毎日でもできる、というわけ。

今風、ということでは、横についている操作パネル以外に、iPhoneやAndroid で動かしたり、Amazon Alexa への声の命令で動かしたりできるようになっているそうです。

僕は一時期、跳ね上げ式のベッドのある部屋に住んでいたことがあり、ベッドを片付けて部屋を広く使えて良かった記憶があります。

FAQによると、現在は北米の一部の都市に向けて、ディベロッパーだけに販売するフェーズということですが、東京の狭い住宅でこそ活きてきそうな家具ですね。

via The Verge

強い訛りの英語がSiri, アマゾン, グーグルの音声認識にどれぐらい伝わるか実験した動画

変わったアクセントの英語に、各社の音声認識はどれだけ対応できるのか、という実験動画です。

挑戦したのはこちらの8人。英語圏の5つの方言(アメリカ、スコットランド、アイルランド、英国、オーストラリア)に、非ネイティブの日本・ドイツ・イタリア語話者。

アップルの Siri, アマゾンの Alexa, グーグル Home に、それぞれのお題を自分の訛りで話しかけて、認識されるかどうかを見ています。

最初のお題は「ウスターソース(Worcestershire sauce)を買い物リストに入れて」。非英語圏の3人でAlexa が苦戦していますね。(結果 2:09頃) 1:55頃、日本語担当の人がすごい日本語訛り英語で話しても、Google は拾っています。

あとの3問は「ベネディクト・カンバーバッチの生まれた日は?」「ワガドゥグはどこの国の首都?」「Westworldの作者は?」

普通の英語で話せる人たちが、自分の訛りをわざと強調して話しているというところもあるし、たった8人での実験なので個人差によるものも多いだろうと思います。ここで出た結果を見て Google Home が一番、というのは早計過ぎると思いますが、3つのアシスタントといろいろな国の出身者が集まったところで遊びとしてやるのは面白いかもしれません。

これらの会話アシスタントの開発企業はずっと多くのいろいろな訛った話者を使って日夜改善作業をしていることでしょうね。いずれは人間がわからないような強い訛りでも拾えるようになることでしょう。

via Likecool

トランプ大統領夫人のメールアドレスをFacebookから探し当てたハッカーの手法

ベルギーの「倫理的な」ハッカーが、フェイスブックのアカウント回復フォームを使って、メラニア・トランプ大統領夫人のメールアドレスを特定し、メールを送った、というニュースです。

ベルギー北部の人口8万人の町アールストを愛する Inti De Ceukelaire さん(@intidc)は、トランプ大統領のベルギー訪問にあわせて、夫人に「ベルギーのラスベガス、ただし金持ちとカジノとホテルは無い」アールストを訪問することを薦めたメールを送ったそうです。

昔からある「メールアドレスからFacebookアカウントを見つける」話ではなく、「Facebookアカウントを持ってる人のメールアドレスを当てる」話です。

必ずアドレスがわかるわけではなく、人によってはアドレスがわかってしまうかもしれないヒントが得られるということなのですが、その手順はこんな感じ。

ログインしてない状態で、「アカウントを忘れた場合」をクリックします

「アカウントを検索するには、メールアドレスまたは電話番号を入力してください。」と言われるのですが、ここでメールでも電話番号でもなく、名前を入れます。

そうすると、合致したり似ているユーザーが出てくるので、

ターゲットを選ぶと、こんな風に、アスタリスクで色々隠されたメールアドレスが表示されるというわけ。

ドメイン名の方は、@gmail.com などだとそのまま表示されるようですし、@y****.c*.jp みたいに隠されていても、よくある無料メールのドメインなら「あ、@yahoo.co.jp だなこれ」とわかることもあるでしょう。

アカウント名の方はというと、 c******8@ みたいに、先頭と最後の文字が表示されるようです。

メラニア夫人のメールアドレスがどんなものだったか、は@intidc さんもモザイクで隠しているのですが、当てることができたということは、ドメインはトランプ氏の関連のものかアメリカ政府関係のものか、あるいはgmail や yahoo mail 等のメジャーなものだったのかもしれません。

そして、アカウント名の方も、たとえば m*****a@ みたいな名前そのままとか、m*******1@ のように名前+数字数桁、が推測できるようなものだったのかもしれません。@intidc さんはスクリプトを回してメールが届くアドレスを探したようなので、後者のように総当たり可能なレベルで明らかなアカウント名だったのでしょうか。

名前等から推測できず、同じ人がツイッターやインスタグラム等別のサービスで使っているアカウントと同一でもなく、極端に短く(3文字で先頭と最後がばれたら後は簡単です)もなければ、必ずメールアドレスがばれる、という話ではなさそうですが、人によっては隠しているつもりのアドレスがまったく知らない他人に推測されてしまうこともありそうです。

via HLN.be via TheNextWeb

Galaxy S8の虹彩認証、早くも写真で突破される

目のパターンを読ませて本人しか使えないようにする虹彩認証、自分の体でスマートフォンをアンロックできるのでとても便利そうな機能ですが、サムソンの新機種 Galaxy S8 の虹彩認証が、写真とコンタクトレンズで突破できてしまう、という検証動画が公開されてしまいました。

カオス・コンピューター・クラブ(Chaos Computer Club, CCC)なるグループが公開したこの動画では、誰もが手に入る道具だけを使っての再現方法が紹介されています。

正面写真の撮影は夜間モードで。

プリンターで印刷した本人の写真そのままではなく、上にコンタクトレンズを置いてます。レンズの球面が効いてるんでしょうか。

指紋認証の時も、寝ている人の指紋を型取りして、なんていうハックがあったかと思いますが。普通に正面から写した写真でアンロックできてしまうのでは、単体の鍵としてはあまり使えないかもしれませんね。認識の部分の改善に期待したいところです。

[追記 2017-05-27] Gizmodo に対してサムスンから、ニュースは認識しており、テスト等で厳しくチェックしているが、もし新たな問題があるならできるだけ早く解決するよう努力する、といった内容のコメントが返されたということです。

via Motherboard

中世ファンタシーの城郭都市を生成するジェネレーター

小さな町から大きな都市まで、中世ファンタシーに出てくるような架空の町の地図を作ってくれるというジェネレーターです。

こちらは小さな町。城、市場、商人街、職人街、場外の農場、などが毎回違う配置で生成され、マウスのホバーで種別を確認できます。

大都市になると、為政者、貴族やスラム街などの場所も生成されます。

Haxe言語で動くOpenFLフレームワークで制作されており、今後も改良を続ける予定ということです。

via reddit/proceduralgeneration

akky's work blog