WaitChatter チャットの待ち時間に外国語の単語を覚えさせるMITの研究

WaitChatter は、ネットのメッセージサービスで相手の返答が無いなどの待ち時間を活用して、英単語などを覚えようという実験と、そのツールです。 チャット画面で、[Alt]+J を押すか下の部分をクリックすると、 英語-スペイン語の単語の組が示されます。(スペイン語はデフォルトがそうだったので。フランス語に切り替えることもできます) その単語を「知ってたか」「知らなかったか」尋ねられるので、どちらか答えます。いくつかの閲覧が終わると、こんどはクイズのモードになり、 スペイン語に対する英語、または英語に対するスペイン語、を答えさせられます。「知らなかった」と答えた単語に関して何度か正しい回答をすると、 「この単語を覚えました」というメッセージがでます。 Chrome拡張のボタンを押すと、上のようにこれまでの学習の経過を見ることができます。 Chrome拡張機能は、Googleトーク 内でWaitChatter を動かすようになっていて、Gmail 内のチャットが Google Hangout

SILENCE WAS GOLDEN – 世界中で金文字を持つ人の写真を撮らせるアートプロジェクト

SILENCE WAS GOLDENは、金色の大きなアルファベット風船を使って、世界のいろいろなところで単語を作らせた写真/動画を集めてまとめる、という韓国のアートプロジェクトです。 地図を見ると、日本の写真も一つあるようですね。 墨田区のようです。英単語は、映る人たちに周囲の環境や歴史に対する感情から決めてもらっているということなんですが、cakey

全楽器がタイプライターの「ボストン・タイプライター交響楽団」

ボストン・タイプライター・オーケストラは、タイプライターを楽器として使うバンドです。 2004年に設立された、ということなので10年以上の歴史を持つことになります。メイン州を中心に、昨年は7回の演奏を行っているようです。 6人の本メンバー、6人の名誉メンバーが属する楽団は、50-70年ぐらいの古さのタイプライターを楽器として使いますが、そのハードな使用のせいで2,3年で壊れてしまうのだとか。 https://www.youtube.com/watch?v=rRjHDPLib28 ありがたいことに、公式サイトでは演奏の音声ファイルや動画などがたくさん公開されていて、無料で楽しめます。 https://www.youtube.com/watch?v=fOv4Nyus_qA タイプライターと普通の交響楽団の競演であれば、有名な「タイプライター」などもありますが、 https://www.youtube.com/watch?v=g2LJ1i7222c タイプライター「だけ」で演奏というのは変わり種ではないでしょうか。 via

Listly – ウェブページからデータを抽出してExcelファイルにしてくれるサービス

Listly は、ウェブページのスクレイピングをお手軽にしてくれるサービスです。 フォームに抽出したいサイトのURLを入れて、Listyボタンを押すと、 ページ内の構造から、リストを抽出してくれます。抽出に使ったCSSセレクタを表示してくれてるので、これをコピーして使うもよし、Excelボタンを押すと、エクセルファイルでダウンロードもできます。 何回も繰り返すような作業ならプログラム化すると思いますが、一度しかやらないとわかっている抽出作業などでは、特に便利なのではないでしょうか。 また、未実装ですがScraperというボタンを見ると、繰り返し抽出を行うためのブックマークレットか何かを生成してくれる予定があるようです。APIも開発中とか。 同様のものにImport.ioというサービスが先行であり、機能的にも強力なのですが、こちらは月$199 からの有料サービスとなっています。Listly もユーザーが増えればいずれはお金を取りそうではありますが、今のところは登録等なく利用できます。 via Hacker

Google翻訳を通した変な訳詞で歌うYouTuber

YouTuber マリンダ・カスリーン・リースさんの人気ネタは、オリジナルの英語歌詞をGoogle翻訳して歌う Google Translate Sings シリーズ Google翻訳で、オリジナルの歌詞を英語⇒他の言語⇒英語⇒他の言語⇒英語… と繰り返し翻訳させることで、元のとは異なる英語の歌詞ができあがります。 最初に注目されたのがディズニーアニメ「アナと雪の女王」から「ありのままで」 https://www.youtube.com/watch?v=2bVAoVlFYf0 サビのLet it go(好きにすればいい)が、Give up(あきらめろ)になっています。まあ逆の意味というほど違うわけではないんですが、ディズニーでGive upを連呼する歌ってのもね。 A kingdom of isolation,

英語の求人文章から「男性的」「女性的」な表現の偏りをチェックしてくれるサイト

イギリス内閣府とNPO団体 の共同運営するAppliedは、ジェンダー差別や人種差別を廃し、公正で多様性のある採用ができるような支援機能を多数持つ求人サイトだそうです。 そのような機能のうちの一つ、あなたの書いた求人の文章のジェンダーバイアスをチェックしてくれるオンラインツールは、デモとして無料公開されています。 試しに、ネットに公開されているシニア・プロダクトマネージャー募集のサンプルを与えてみたところ、こんな判定が出てきました。 男性的(masculine)と判定された単語は、 leader (リーダー) confident (自信いっぱいの) analyze (分析する) lead (リードする) leadership (リーダーシップ) 女性的(feminine)と判定された単語は responsibilities (責任) 求人広告に書かれた文章は、その職務のことだけでなく、企業組織やその文化についてのヒントを応募者に与え得るそうです。Applied は、男性的な言葉ばかり並べた募集の文面は女性の応募を遠ざけ、結果的に多様性の無い組織を作ってしまう、と主張しています。求人を書くときに、無意識にどちらかの性の人物を想定して、言葉を選んでしまっていないか、ということでしょうね。 他にも同様の注意を呼び掛けているサイトはあり、バイアスの少ない文章が求人で重要、という考え方はAppliedだけの発想ではなさそうです。 サービスは最低プランが無料から始まるフリーミアムで、ユーザー1人で使うだけなら無料である程度使えるようです。 海外に支店があったり、グローバライズした製品やサービスを売ったりしなければいけない日本企業では、英語で求人しなければいけない、という状況もあるでしょう。英語で正しく文章を書くだけでも大変ですが、文章に含まれる微妙な偏りや差別については、文法的な正しさとはまた違った知識や経験が必要そうですし、このようなツールに一回かけてみて、あまりに一方的な判定結果が出た場合はちょっと考えてみる、というのは安全のためにもいいかもしれないですね。 via New

デルタ航空がオーバーブッキングで乗れない人数を最小に、しかもコストも少なく済ませている仕組み

ユナイテッド航空がオーバーブッキングの影響でベトナム系アメリカ人医師を強制排除した動画がネットで大炎上した事件をうけて、オーバーブッキングの話がニュースで多く取り上げられていますね。

航空会社はどこも、予約をしたけど乗らない人の率を予想して、実際の座席数より多めにチケットを売っています。乗らない人を除いたらぴったり満席になるのが一番儲かるので、ギリギリになるようにこの多めの予約(オーバーブック)を調整するのですが、たまにこの予想が外れることがあります。そうすると、満員から溢れた誰かは予約した飛行機に乗れなくなってしまうことになります。

今回のユナイテッドの炎上は、1. どうしても後の飛行機では困る人を強制的に選んで、2. 不十分な補償をオファーした上に、3. 警備員を使って暴力的に降ろそうとした、ことで発生した、(願わくば)特殊な事例だと思います。普通は、急いでなくて金銭やホテル等の補償が多ければ譲ってもいいという人が現れて、なんとか定員に収めて飛ぶわけです。(また、今回の事件は、搭乗させる前の段階で調整せずに、全員を飛行機に搭乗させてしまった後で調整しようとしたこともボランティアを得られなかった原因かと思います。一回乗っちゃって落ち着いてから降りるのは、よりキツイですよね)

ユナイテッド航空は、オーバーブッキングで降ろされる割合が比較的多い方

補償に賛同して他の便への振り替えに同意する人をvoluntary(自発的な)乗れない客、同意しないけれど何らかの優先順位の結果乗れない客をのことを、、「involuntary(望んでいない)搭乗拒否 」と言うようですが、アメリカ拠点の各航空会社で実際にこの乗れなかった人たちがどれぐらい発生しているか、という統計がありました。2017年3月のレポートの34ページに、2016年一年間の実績が載っています。

問題のユナイテッド航空は、表中の0.43が示すように、乗客100万人につき43名が、手を上げたわけでもないのに乗れなかった客ということになります。それに対して、同じような規模のデルタ航空は、0.10、つまり乗客100万人につき10名にしか、このような事に巻き込まれていません。実に1/4です。

# なお、ユナイテッドの炎上の後にソーシャルメディアで流れまくった、サウスウェスト航空のロゴに「私たちはあなた(客)ではなく競合をやっつけます」という非公式なジョークがありましたが、サウスウェスト航空の同じ統計は、ユナイテッド航空よりはるかに多いものでした。まあ、それでも警備員が殴って降ろしたりはしてないでしょうけど。

デルタ航空のシステム的な工夫

PBSの解説によると、デルタ航空は2011年から、とある仕組みの導入によってこの率を低く抑えた上に、オーバーブックから漏れた顧客への補償についても低く抑えることに成功しているのだということ。

その仕組みはというと、空港の自動チェックイン機やネットでのオンラインチェックイン時に、「もしオーバーブックで乗れなくなったとしたら、あなたは幾ら貰ったら協力したいと思いますか?」とあらかじめ訊いておく、というもの。

このシステムのおかげで、ゲート前に搭乗客が集まった時点で、デルタ航空は安く手を上げてくれる顧客のリストを持っていることになります。リストの上位から順番に呼び出して同意を求めていけば、たとえ「チェックイン時には$*00ドルならと言ったけど、気が変わった」という人が何人かいたとしても、どこかで必要な人数を確保できそうです。何しろ自己申告で本人が一回言っている額なのですから。

また、このやり方にはもう一つのメリットがあるそうです。他の航空会社のように、搭乗ゲート前で全員に対してボランティアを募集すると、それに対する客の温度感がお互いわかってしまいます。慣れている乗客なら、募集の様子からどれぐらい切実に席を開けないといけないのか(=どれぐらい高額の補償が出そうか)も推測できたりするのかもしれませんし、係員が元々「あと〇人の協力者が必要です」などと手の内をさらしている場合もあるでしょう。手がなかなか上がらないようなら、応募してもいいかなと思っている顧客たち同士が「もうちょっと様子を見ると金額はまだ上がるかもしれないぞ」などと牽制しあうかもしれません。それに対して、デルタのように個別にあらかじめ訊いておいた金額では、顧客側にはどれぐらいの補償を取れそうかという予測のための情報がありませんし、顧客間での協力も起こる余地がないので、全体としての補償のコストも低く抑えられているということです。

ボランティアの発見に掛かる時間も減らせるので、離陸の遅れも減るでしょうし、そもそもこのような喜ばしくない体験をする顧客の割合を少なくすることは、企業イメージの維持にも寄与するでしょう。何から何まで良い結果を生んでいるというわけですね。良い数字が実際に出ているのだから、他社も同様の手法を取ればいいような気もするのですが…

via Inverse

年に15000個のぬいぐるみを取るクレーンゲームの達人インタビュー

中国の厦門に住む35歳の男性陳志通さん(Chen Zhitong)は、昨年一年間だけで1万5千個のぬいぐるみをゲットした、クレーンゲームの達人です。

「ゲームセンターの経営者の中には、食事をおごる代わりにうちで遊ばないでくれと言ってくる人たちもいます」

「世の中には2種類のクレーンゲームがある。テクニックで取れるものと、技術に関係なく絶対に取れないようにプログラムされているものだ」

達人の語る「勝利のためのパラメーター」は、以下の3つ。

  1. 爪の掴む強さ
  2. 爪の回転する角度
  3. ぬいぐるみの並び

獲得したぬいぐるみが家を埋め尽くしてしまい、重荷となって来たため、昨年は1000個を視覚/聴覚障害者の学校に寄付したのだとか。

一個取るのに一ゲーム以上は絶対に必要でしょうから、15000個取るにしても相当な出費はされてるのだと思いますが、これが趣味であり得意なことなんでしょうねえ。

via Oddity Central

母の日のロンドンに現れた、#授乳の自由 (#FreeTheFeed)を応援する巨大な乳房

ロンドンを拠点とする広告会社マザーロンドンが、イギリスの母の日にロンドン市内で展開した啓蒙プロジェクト #FreeTheFeed

2017年にもなろうというのに、イギリスの母親たちが、哺乳瓶であろうと母乳であろうと、公共の場所で授乳しようとしたときにジロジロ見られたり非難されたりするのは信じられないことです。

It’s hard to believe that in 2017 UK mothers still feel watched and judged when feeding in public, by bottle or breast.

MotherLondon

公共の場所で胸を出して母乳を与えることを不快と思ったり、止めさせようとしたりするという事件が海外でも日本でも最近は定期的に起こっているようで、ネットでも度々論争が起こっています。

今回のプロジェクトは、罪悪感や恥ずかしさを感じることなく、母親がどこでどのような育児をするか自分で決める権利を応援するものだ、ということです。

(credit: MotherLondon)

道行く人たちに考えてもらうために、またこうやってネット等で広めてもらうために、あえて驚くようなキャンペーンにしているわけですが、街中でいきなりこれを見たら、インパクト大きいでしょうね。

via Creativity Online

Drupalコミュニティが中心人物の一人をSM趣味を理由?に追放

Drupalコミュニティから広がって今議論となっている事件について、日本語の情報ではわかりにくいところがあったので調べてみました。

要点

PHP製のオープンソースCMS として人気のある Drupal のコミュニティが、長年のコントリビューター ラリー・ガーフィールド氏(Larry Garfield)をコミュニティから追放。背景に男尊女卑SF小説のファンコミュニティやSM愛好コミュニティへの参加があるということ。

個人の無関係な性嗜好でコミュニティから排除することに反発の声が上がっている。

登場人物・用語

ドリス・バイタルト氏(Dries Buytaert)

Drupalの設立者。

2016秋来日時の記事

個人ブログ

ラリー・ガーフィールド氏

ハンドル名Crell

バイタルト氏も突出した(prominent)と認めるDrupalコントリビューター。コミュニティ歴12年

Drupal 7のDBアーキテクト、Drupal 8 のwebサービスリーダー

Twitter @Crell

クラウス・プーラー氏 (Klaus Purer)

Drupalコミュニティメンバー。ガーフィールド氏が黒幕と見ている。

反地球シリーズ (Gorシリーズ)

ジョン・ノーマン氏による1966年から現在まで続くSF小説シリーズ。

エドガー・ライス・バローズの「火星シリーズ」に影響を受けた宇宙SFだが、特徴の一つとして男尊女卑的な価値観の強さが挙げられるということ。

今でこそ、SFやファンタジイやホラーの中で、かなり過激なセックス描写がある、なんてのも、それほど珍しくはなくなったけれども、このシリーズが出た当時は、「SFではなくSMだ」とか、かなーり本国アメリカで物議をかもしたそうだ。

手当たり次第の本棚

日本語への翻訳はシリーズの途中で止まっている。

ファンコミュニティでは、小説に影響を受けて「片手で拍手する」「”be well”という文で会話を切り上げる」などの奇癖があり、ガーフィールド氏もそれらを実践している。

Gorシリーズ公式サイト

1987年公開の映画 Gor – IMDb

時系列

2016/10頃 要登録のコミュニティ(登録者500万人)でガーフィールド氏が7年前に主人(D/)仲間の結婚式に寄せたコメントのスクリーンショットを誰かが外で流し始めた(ガーフィールド氏による推定)。

2016/10-11 複数のDrupalコミュニティメンバーから、Drupalのコミュニティ・ワーキング・グループ(CWG)にこの件での問い合わせが送られる。議題に上がるもCWG「問題なし」との結論。CWGはバイタルト氏へ報告。

11/24-27 プーラー氏、チェコのプラハで開催されたDrupalイベントIronCampでガーフィールド氏とこの件について(非好意的に)話す。

プーラー氏、前期のBDSMコミュニティサイトや同種の出会い系サイトに登録し、ガーフィールド氏の過去の投稿を探して記録し始める(ガーフィールド氏の推測)

1月 プーラー氏とガーフィールド氏、Google Hangoutで(非好意的な)会談。プーラー氏はDrupalコミュニティでの役職やリーダー的役割から降りることを要求。

2/24 バイタルト氏がガーフィールド氏に電話し、「プロジェクトの価値に反するところがある」という理由でDrupalプロジェクトを去るよう通告。(ガーフィールド氏は2/27のDrupalConに出ないことを期待してのことと推測)

2/27 メーガン・サニッキ氏(Megan Sanicki)から、「バイタルト氏との会話の結果、」DrupalCon イベントのスピーカーから外したとガーフィールド氏に伝える。

3/22 ガーフィールド氏がブログ記事「情報が多すぎる(TMI About me)」で公開反論。コミュニティが私生活の情報を基に自分を排除しようとしていると述べる。同時にSM愛好(主従関係の恋愛, hierarchical relationships)の趣味があり、BDSMのコミュニティとGor愛好家(Gorean)のコミュニティに所属し、特に規模の小さな後者で活発に活動していることも。

3/23 バイタルト氏がブログ記事を公開。「ガーフィールド氏の私生活を尊重して非公開で解決しようとしたが、本人が公開し議論もされているので」と。ガーフィールド氏がブログで述べた件が追放の原因ではない、決断のための証拠を広く公開することはないが、とも。

3/23 Drupalがコミュニティとしても声明を発表。こちらも「ガーフィールド氏の私生活や個人的な信条でカンファレンスから降ろしたわけではない」と述べています。
しかし判断の基となった秘密情報については、関係者を害するかもしれないので公開しない、と。

reddit の/drupalでの議論(400+コメント)

reddit の/phpでの議論(200+コメント)

3/23 Drupalコントリビューターの一人Mikkel Høgh氏(mikl)、Drupal Association への不信任をブログで表明

3/27 「Drupalイベントに昔『奴隷』を連れて来ていた」というreddit上での指摘にガーフィールド氏本人が回答しています。この自閉症の女性とは合意の上で主従関係にあり、家に住ませていた時期もあると。プログラミングに興味を示し、Drupalのパッチ書きも手伝ってくれたが内向的で自分ではコミットしなかった、とか、シカゴ周辺のカンファレンスにいくつか連れて行った、とか

また、ガーフィールド氏自身にもCWGがDrupalのボードメンバーに渡した「証拠」は共有されていて、そこにはバイタルト氏らがほのめかすような秘密の証拠は含まれていなかった、と。それら「証拠」とされる過去のネット上での書き込み等でも、実在の人物を傷つけたりするような行為はまったくない、と反論しています。

[追記 4/14]

4/9 バイタルト氏のブログ記事「Drupalコミュニティへの謝罪」。「BDSMなどのコミュニティに属する人が攻撃されたと感じていたら申し訳ない」と語り、今回の件はガーフィールド氏個人についてのことでしかない、と。

ガーフィールド氏の事件については特に新しい情報はありません。

4/10 同ブログの次の記事Drupalのガバナンスを進化させるための次の一歩で、1. バイタルト氏一人によって何かが決定されないようにすること、2. 「行動規範(Code of Conduct)」をもっと明瞭なものに直すこと、が宣言されました。このためにオンラインおよびオフラインでのミーティングを開催するとのことです。
ガーフィールド氏の事件については特に新しい情報はありません。

4/13 100人を超えるDrupalに関係する起業家・役員・コアコミッター、オープンソース開発者らが、サイト DrupalConfessions.org(Drupalの告白) を公開。バイタルト氏に対しての意見を述べています。寛容と非差別を求め、ガーフィールド氏の内心を問題とし、違法に収集した証拠を基に追放したことへの抗議集です。「前の二つのバイタルト氏のブログ記事で書かれた対策で問題が解決するとは感じられない」とも語っています。「バイタルト氏が協力しないならば、この中の相当数はDrupalコミュニティを永久に去ると考えてもらっていい」との言葉も。

(続報があれば追記します)

考察

バイタルト氏は、「ガーフィールド氏がブログで自己弁護したところではない何か他の問題を起こしている」ように書いていますね。しかし、証拠は被害者に迷惑が掛かるので一般公開できない、と。

しかし、一般公開しなくても第三者に検証などしてもらわないことには、何の証拠もなくガーフィールド氏を貶めようとしているだけと言われても仕方がないところもあります。

また、バイタルト氏は、Drupal コミュニティの方針としてGorの小説内の価値観を受け入れられない、などと述べているところもあり、フィクションの嗜好で他人を罰するという問題に陥っているようにも見えます。いろいろな趣味嗜好を持つ人もいるであろうプログラマー界隈でこれに反発する声が上がるのも仕方がないのではとも思います。

via Slashdot

下手なダーツも百発百中、必ず中心に当たるように動いてくれる的

Youtube で公開されたこちらの動画、「ダーツが必ず真ん中に当たるマシーン」を紹介しています。製作に3年も掛かったとか。

動画のメインはマーク・ローバーさん(Mark Rober)による工作の解説。

既定の距離から投げたダーツの軌跡を認識するのに200ミリ秒、予想の着地点にボードを動かすのに200ミリ秒、と1秒の半分以内の時間で正しい位置に正確にボードを動かすように作る必要があったと説明されています。

ダーツの位置の認識には、周囲を取り囲む6台の4K赤外線カメラ

ボードの裏側では、6つのモーターが釣り糸を巻き上げてボードを素早く任意の位置へ動かします。

拾ってくれる範囲はボードが動ける範囲なので、内側の円よりもちょっと大きい円ぐらいということですが、この範囲に投げることができれば、必ず中心に刺さるということです。

また、「必ず当たる矢」の他に「必ず外れる矢」も制作されていて、こちらの矢を投げるとボードが矢を避けてしまうということ。

5:00 から、実際のバーにこのダーツボードを持ち込んで、客に楽しんでもらう様子が観られます。

5:30 からは、こういう工作を続けるために髭剃りの定期購入アフィリエイトを勧めています。日本からは購入できないようなのでこの方法での応援は今はできなさそうですが。

機械による「接待ダーツ」というところでしょうか。

via Geekologie

Sideways Dictionary – IT用語を「比喩」で説明するみんなで作る辞書サイト

Sideways Dictionary (斜めに見た感じの辞書)というサイトは、一般の人にはわかりにくいIT用語を、何かに例えることで説明しようという辞書サイト。Googleの兄弟会社Jigsaw のプロジェクトです。

トップからは、70個ほどの用語がアルファベット順に並んでいて、クリックするとその用語の説明文が閲覧できます。


Access Control List(アクセス制御リスト)を選んでみます

それはソフトウェア版の Turnstile (回転式改札口) みたいなもの。あなたに権限があれば、進むことができる (by Nick Asbury)


By User:ArnoldReinholdOwn work, CC BY-SA 3.0, Link

「by 名前」とあるように、ここにある比喩の説明はすべてユーザーの投稿によるものです。”More Analogies”をクリックすると、他にもACLを説明しようとするいろいろな比喩を読むことができます。

5件の中で一番イイネが多かったのがこちら。

それはパーティーのゲスト表みたいなもの。招待状を持ってこさせる代わりに、招待側が入口ドアのところでリストを見ながら、入れてもいい人をチェックする責任を持つ。どんな素晴らしいパーティーだとしても、招待者をおだてて侵入したり、どこかの他人に招待の権利を渡すことはできない。

他の用語も見てみます。

「ビットコイン」は、ティンカーベルのようなもの。たくさんの子供が信じた時だけ彼女は存在できる。ビットコインも、たくさんの信じる人がいて初めて意味を持つ。同じ話はすべての通貨に対して言えるけれどもね。

ゼロデイ」とは、キングが丸裸だと気づいたチェスのようなもの。あなたは対戦者がそれに気づかないよう息を殺し、どうやって防御を固めようか考え始めたところ。最悪のシナリオでは、相手は5手前にはもうそのことに気づいてて、あなたのことをもてあそんでいるのかもしれない。チェックメイト。

それぞれの用語に複数の比喩があり、読み比べることでより対象のIT用語の意味するところがわかってくるかもしれません。また、IT用語の方が把握できているエンジニアなら、逆に比喩に出てきた方の概念やその英語表現を学べるでしょう。

比喩を使うことで本質から外れて行ってしまう、ということもネットの議論などでは良く起こることではありますが、みんなで意見を持ち寄って並べることで、まったくITに疎い人にでもある程度伝わるような比喩を見つけていくことはできるのかもしれませんね。

via The Next Web

akky's work blog