下手なダーツも百発百中、必ず中心に当たるように動いてくれる的

Youtube で公開されたこちらの動画、「ダーツが必ず真ん中に当たるマシーン」を紹介しています。製作に3年も掛かったとか。 動画のメインはマーク・ローバーさん(Mark Rober)による工作の解説。 既定の距離から投げたダーツの軌跡を認識するのに200ミリ秒、予想の着地点にボードを動かすのに200ミリ秒、と1秒の半分以内の時間で正しい位置に正確にボードを動かすように作る必要があったと説明されています。 ダーツの位置の認識には、周囲を取り囲む6台の4K赤外線カメラ ボードの裏側では、6つのモーターが釣り糸を巻き上げてボードを素早く任意の位置へ動かします。 拾ってくれる範囲はボードが動ける範囲なので、内側の円よりもちょっと大きい円ぐらいということですが、この範囲に投げることができれば、必ず中心に刺さるということです。 また、「必ず当たる矢」の他に「必ず外れる矢」も制作されていて、こちらの矢を投げるとボードが矢を避けてしまうということ。 https://www.youtube.com/watch?v=MHTizZ_XcUM 5:00 から、実際のバーにこのダーツボードを持ち込んで、客に楽しんでもらう様子が観られます。 5:30 からは、こういう工作を続けるために髭剃りの定期購入アフィリエイトを勧めています。日本からは購入できないようなのでこの方法での応援は今はできなさそうですが。 機械による「接待ダーツ」というところでしょうか。 via

Sideways Dictionary – IT用語を「比喩」で説明するみんなで作る辞書サイト

Sideways Dictionary (斜めに見た感じの辞書)というサイトは、一般の人にはわかりにくいIT用語を、何かに例えることで説明しようという辞書サイト。Googleの兄弟会社Jigsaw のプロジェクトです。 トップからは、70個ほどの用語がアルファベット順に並んでいて、クリックするとその用語の説明文が閲覧できます。 Access Control List(アクセス制御リスト)を選んでみます それはソフトウェア版の Turnstile (回転式改札口) みたいなもの。あなたに権限があれば、進むことができる (by Nick Asbury) By User:ArnoldReinhold -

家じゅうを時のオカリナのメロディで操作するホームオートメーション

任天堂のゲーム「ゼルダの伝説 時のオカリナ(1998年発売)」から着想を得た家庭内自動化工作の動画です。 Wifi 接続した Raspberry Piを使って、オカリナで演奏したメロディを認識させ、メロディに応じてそれぞれ異なる機器を動かしています。 動画中で出てくるのは、玄関の開錠、室内灯の点灯、暖房の点灯、加湿器の点灯、鉢植えへの水やり、時刻の音声での確認、携帯電話を鳴らす、車のドアの鍵を開ける、などの行為。これを全部オカリナで操作しています。 https://www.youtube.com/watch?v=glZnkpIDWSE 四六時中オカリナを持ち歩くのか、と考えるとゲームをテーマにしたネタではありますが。20年前にゲームの中でのファンタジー的な演出として考えられた内容が、一般に入手できる道具と電子工作でできるようになったというのは面白いですね。 Wikipediaに、ゲーム中に使うメロディとその効果が説明されています。 via Reddit

おばあちゃんのブックマークがアナログだった

「今日おばあちゃんが好きなウェブサイトをいくつか見せてくれたよ」 http://imgur.com/gallery/DEvgS4S ちなみに、4つのURLは以下のようです。 ナショナル・ジオグラフィックのとある写真 http://ngm.nationalgeographic.com/visions-of-earth/visions-earth-2015#/0915-brazil-butterfly-blizzard-670.jpg National Portrait Gallery

Google Homeがディズニーの新作「美女と野獣」の頼まれない広告を流す

家庭用の音声アシスタントとしてAmazonエコーと競争中のGoogleホームですが、ユーザーが望んでもいない新作映画の宣伝を勝手に始められた、という話がネットに流れて問題となっているようです。 あるユーザーが撮影した動画がツイッターに上がっています。 https://twitter.com/brysonmeunier/status/842358950536318976 「OKグーグル、今日の僕の予定は?」と語りかけると、時刻、天気予報、職場までの予想通勤時間、を話した後に、「ところで、ディズニー映画『美女と野獣』は本日公開です。今回は(父親の)モーリスではなくベルが発明家です…」から、ベルについてもっと知りたければ質問して、と続けています。 ユーザーがディズニーや美女と野獣について質問した結果話しているのではなく、今日の予定の後に勝手に宣伝を始めているように見えます。reddit では、これに不快感を覚えた人たちが議論しています。「Amazon Echo とどっちを買うべきかはっきりしてよかった」などというコメントもあります。 ITブログVentureBeatがGoogle社に問い合わせたところ、「これは広告ではありません。我々のパートナーをゲストとして迎え、彼らのお話をシェアしてもらっただけです」という返事が来たのだと。 VentureBeat

透明プラスチックでヒザが見える、新機軸の穴あきジーンズが発売

アメリカの高級デパートチェーン ノードストロムのオンラインショップで発売されている新デザインのジーンズClear Knee Mom Jeansです。 商品情報がそっけなく、なんでこんなジーンズを作ったのか、どんな用途を想定しているのか、はわかりません。しかし、サイトには顧客レビューが多数、しかも5つ星レビューが多く集まっているのでちょっと紹介します。 「ヒザの周りにエビアンと金魚を詰めたジップロックを巻いて履きたいね」 「コンサバでありながらもチョッと肌を見せたい、なんて時には最適だ。デートでも注目間違いなし」 「いつも自分のゴージャスな膝を見せたいと思ってました。お尻透明版も有ったらいいんじゃないかな」 「遅刻しそうになってスピード違反で止められたけど、セクシーなヒザを見せたおかげで口頭注意で済みました!」 「とても気に入ったけど返品した。これに合うヒジが見えるシャツを持ってないんでね」 「洗濯機可で釣り干ししてください」ということですが、ほんとに洗濯大丈夫なのかな サイトでは日本円での価格が表示されていて、日本へも発送してくれるということです。 via Laughing

巨大絵文字ハガキ Mojigram で絵文字メッセージを送る

日本のケータイ文化からスマートフォンに取り入れられて世界へ広がった Emoji の海外での普及はすごいですね。

Mojigram は、プラスチック製段ボール(プラダン)で作られた、33センチ四方の大きなメッセージカードです。一辺が13インチということなので、目安としてはノートパソコンのディスプレイぐらいの大きさでしょう。

現在は、4つの人気の絵文字カードが$12.99(1463円) でネット販売されています。

購入時に入力したメッセージを裏に書いて、3-7日のうちに相手に届けてくれるそうです。残念ながら今のところは米国内向けのみ。海外への送付についてはどこに送りたいか教えてほしいとのことです。

via The Verge

Snakisms – ヘビゲームで哲学を表現

SNAKISMS は、古き良きテレビゲームの一つであるヘビゲームをベースに、様々な哲学論・主義(ism)をテーマとしたバリエーションをつけたブラウザゲームです。

最初に、どのイズムで遊ぶかを選ぶと、そのイズムを表現したヘビゲームが始まります。

メニューの種類は上から以下の通り

  • anthoropomorphism (擬人化) リンゴも動く
  • apocalypticism (黙示信仰) 突然の終わり
  • asceticism (修徳主義) 欲望は悪、食べないと点
  • capitalism (資本主義) リンゴだってタダじゃないんだ
  • casualism (偶然論) すべては偶然(?)
  • conservatism (保守主義) オリジナル
  • determinism (決定論) 未来はすべて決まっている
  • dualism (二元論) カーソルは蛇の体を操るが、蛇の心を操るのは心
  • existentialism (実存主義) Wikipedia見たけどわからない
  • holism (全体論) すべてが蛇と一緒に動く
  • idealism (観念論) ヘビゲームを遊んでいると思え
  • monism (一元論) ヘビが神
  • narcissism (自己中心主義) ゲーム終了で新タブが開く(?)
  • nihilism (虚無主義) 蛇もりんごも何もない。メニューに戻ることすらできない
  • optimism (楽観主義) 世界はりんごだらけ。食べても成長しないが
  • pessimism (厭世主義) 世界は閉じていて、りんごはどこか他所に
  • positivism (実証主義) 見えているものしか信じない
  • post-apocalypticism (終末後主義) 荒廃した世界
  • romanticism (ロマン主義) りんごを食べるたびになんか立派なことを言う
  • stoicism (禁欲主義) 壁で死なない(?)
  • utilitarianism (功利主義) トロッコ問題(5人助けるなら1人死ぬのは可)

Hacker NewsのコメントやWikipedia から、なんとなくそれぞれの主義がどういうものか、それが各ゲームのシステムにどう反映されているか、わかったようなわからないような。

via Hacker News

Non Ad Block – 広告だけ表示してコンテンツを隠すブラウザ拡張

ウェブサイト上の広告を表示させないようにする、いわゆるアドブロック拡張はいくつも存在しています。

広く一般ユーザーに普及してるというほどでもないでしょうが、広告収入で運営しているウェブサイト・サービスの中にはこういったツールで広告を非表示にしているユーザーに警告したり、アドブロック拡張を入れてるユーザーを逆にブロックしたりしているところもあります。

Chrome拡張機能の Non Ad Block は、アドブロックの正反対をする拡張で、ウェブサイトから広告ではないものをすべて隠し、広告だけを残します。

通常表示がこんな風なサイトも、

拡張を入れればこんな風に

邪魔な本文に引っかからずに、純粋に広告だけを楽しむことができます。

ぼやかされた本文のリンクも、読めないだけでクリックは可能です。

ソースコード(現在配布中の v1.0.0.1 には、危険なコードは入っていないと思います。ブラウザ拡張の常で将来の更新では保証できませんが)では、ページ上のCSSクラス等をホワイトリストで探して見えるようにしているだけなので、いかにも広告というクラス・タグ名を使っていないサイトではうまく動かず、ページ全面がぼやけてしまうこともあるようです。

そういう意味では、日本語由来のクラス名を使っていたりもする日本のサイトでは、広告の部分がちゃんと引っかからずにあまり面白い結果にならないことも多いのが残念。

アドブロックとこのノンアドブロックの両方を入れてみたところ、みごとに何も読めなくなりました。当たり前か。

via Stupid Hackathon

Facedate – 「好みのタイプ」の顔写真を何枚か与えると似てるメンバーを紹介するデートアプリ

ニュージャージー工科大学(NJIT)のコンピューター科学部長にして教授の指導のもとに大学院生たちが開発したという新たなデートアプリ Facedate は、顔認識と類似画像判定を組み合わせた新しい特徴を持っています。

まず自分の写真をアップロード。

そして、自分の好みの顔写真をいくつかアップロードします。俳優とかアイドルとかの写真を持ってくるんでしょうかね。

すると、登録された相手の中から、アップロードした写真に似た、つまり自分の好みに似ている人を探して紹介してくれる、という仕組み。(あと、実際に会えないと意味が無いので近所から探すようにもなっているそうです。念のため)

「多くの既存のサービスは、文章で好みを記述していましたが、顔の好みについてはうまく扱えていませんでした」とは教授のお言葉。

「芸能人で言うと誰それに似てると言われます」みたいな文章よりは、公平な判定が下されたりするのかもしれません。

このFacedate、Androidでのプロトタイプ版をクロースド運用中ということ。その後は大学での運用、そしてAndroid/iOS版の公開を検討中と。

via 論文 via The Verge

チキンラーメンパーカー

Getonfleek のオリジナルデザインパーカー

上下のコーディネートも可能です。

日本のあの美味すぎるしょっぱい麺への、待ち望まれた称賛を表すためにこのチキンラーメンパーカーを作りました。

The Chicken Ramen hoodie pays much-needed honors to those salty Japanese noodles that are just too good.

だそうです。

チキン以外にもビーフポーク赤身肉風味もありました。

デザイン的にはチキンラーメンというより、maruchanパッケージに似ているように思います。メキシコなど海外で maruchan 大人気の国もあるようなので、もしかしたらこのファッションがクールな場面があるのかもしれません。

via Tumblr

Googleがロシアのスパマーからɢoogle.comドメインを奪取

昨年末に話題になっていた、google.com の先頭の “g” が小さいけど大文字の “ɢ” に置き換えられたニセドメインに関する係争が解決しました

ICANNに委託された仲裁機関 Forumに掲載された採決は、この ɢoogle.com ドメインを使って世界中のサーバのログにURLを残し、アクセスを通じてマルウェアを配布しようとしていたロシア人 Popov Vitaly 氏から、Google 社がドメインを取得できる、という結論になっています。

採決はおりたものの、当該のドメインはまだ旧所有者の手にあり、アクセスするとGoogle社を批難するロシア語の主張が掲載されたページに遷移しますのでご注意を。

今回の場合、Chromeブラウザでは ɢoogle.com は怪しいドメイン名と判定されて、そのままではなく Punycode 形式で表示される仕様になっていたようです。他のブラウザでも同様の機構はあり、ブラウザで見ている分には騙されることもなかったのだろうとは思います。

しかし、今回仕掛けが見つかったサーバログの閲覧ツールとかアプリ内でドメイン名だけを切り出して表示するなど、そこまで親切なフィルタが無かったり効かない場合もあるので、この良く似た字を使ってなりすます行為も簡単には無くならないでしょう。

via Mareeg

akky's work blog