PlantUMLでAWSサービスを含む図を作る

プレゼンテーション資料をMarkdown形式で書いていて、図を入れたいが図はどうやって用意しようか、となりました。 せっかくテキストエディタでプレゼンを作れるようにしているのに、図を描くのにテキストエディタでなくドローツールを開くのは面倒だな、テキストで図を描ければ、ソースコードとして管理できるから似たような図を量産するのも楽だし、バージョン管理で変更点もわかりやすい。 ということで探したところ、Plantuml が見つかりました。日本語のマニュアルもあるし、評判もいいみたい。 インストールしようとしたところ、図を1,2個作るだけならオンラインでできるようです。試すだけならハードルはとても低い。 マニュアルを参考にして作ったのがこちら @startuml [Github] as github [さくらVPS] as vps [local machine] as localmachine :ユーザー: localmachine :2) Sculpinで変換 :ユーザー: ....>

[可視化] ヨーロッパ各国で「子供の恋人が○○人でも気にしないか?」を訊ねた結果の地図

reddit の地図セクションで bezzelford さんが発表したヴィジュアライゼーション。 この地図は、「あなたの子供が黒人と付き合っていたとして、問題ない(comfortable)と思いますか?」に対する回答で、問題ない人の割合が高いほど緑に、低いほど赤に塗り分けられています。 緑が濃い国ほど、気にしていないということですね(あるいは「気にしてないように振る舞う」可能性もなくはないですが)。同じヨーロッパと言っても、8割は気にしないスウェーデンやイギリスの寛容さと、7割が気にするチェコ・スロバキア・ブルガリア等では大きく違うことが見て取れます。 ヨーロッパで黒人がどう扱われようと、日本人の自分には関係ない? ではこちらはどうでしょう 「あなたの子供がアジア人と付き合っていたとして、問題ない(comfortable)と思いますか?」への回答。 黒人とアジア人の許容度の差は平均で5%ぐらいなので、「子供の交際相手として黒人はだめだがアジア人ならOK」という人の割合は、ヨーロッパ人が20人いる中で1人ぐらいということなんでしょう。人種差別の少ない社会は、日本人にとっても助かる社会と言えるのでは。 reddit のコメント欄では、「国によってその国の言葉で訊ねただろうから、翻訳のニュアンスが違うせいでこんな差がついたのでは?」と言った意見も出ています。「さすがにこんなひどくないだろう」という人もいれば「私も○○人だが、○○人の多くはレイシストだ」みたいな人も。 また、「アジア人(Asian)と言っても国によってさまざまで、たとえばイギリス人ならインドやパキスタン人を最初に思い浮かべるのでは?」とか、「そんなことはない、中国人や日本人をまず思いつく」という議論もありました。 元の投稿では、イスラム教徒、ユダヤ教徒についての地図もあります。 元データについて このデータ、適当なアンケート結果ではなく、EU が実施した「EU における差別 2015年」という大きな調査 [pdf]

TweetReality – ARで実世界上にツイッターのつぶやきを展開

iOS用の新アプリ TweetReality は、AR技術を使ったツイッタークライアントです。スマートフォンの向こうにある景色の上に、ツイートを並べて表示させ、景色を見ながらツイッターの閲覧ができます。 デモ動画から。 よくあるARアプリのデモにあるように、実際に他人からこう見えるわけではなく、イメージ映像ですね。 ユーザー視点から見えるのはこんな感じ。字が小さい! https://www.youtube.com/watch?v=5eUai9bed5Y 恰好はいいんですが、どんな時に使えますかね? 向こうが見通せるので歩きツイッターのお伴に? 「初のARツイッタークライアント」と自称されてますが、さすがにそんなわけはなく。たとえば 2009年の TwittAround が見つかりました。こちらは、位置情報からフォロー先のユーザーをそのユーザーのいる方角に表示するようなクライアントのようです。アプリ自体は AppStore からは消えてしまっているようです。 https://itunes.apple.com/us/app/tweetreality/id1295207318?mt=8 via Digital

サンタクロースに電話を掛けてもらう4つのサービス 2017版

以前、グーグル社が季節行事にあわせて公開していた、サンタから電話を掛けてもらうサービスというのを紹介したことがあります。2010年のことでした。 これが何年か前にサービス終了で消えてしまっていたのですが、クリスマスが近づくと紹介した記事のコメント欄などで「動きません」「使い方を教えてください」といった質問がたまに来ていました。「こんな電話が掛かってくるよ」というサンプル音声だけはグーグルのサーバに残ってるんですけどね そんなわけで、「こどもがサンタから電話をもらう」ための他のサービスを紹介します。 ChristmasDialer ChristmasDialer.com はその一つ。 サンタ(Santa)の他にクリスマスエルフ(Elf)を選ぶこともできます。あとは4種類の喋りのバリエーションを選び、Send a free call now(無料の呼び出し)ボタンを押すと、すぐに指定した電話番号にサンタからの電話が掛かってきます。 # 当然ながら英語です 電話番号はアメリカ国内のものしか入らないようです。Skype や Google Voice 等でアメリカの番号を持っていれば、スマートフォン等で受けることもできますが、日本で使うにはちょっと面倒かと。 PackageFromSanta こちらはスマートフォンアプリベース。iPhone版とAndroid版があります。 アプリをインストールして利用開始すると、メールアドレスの登録とニュースレターの購読が要求されます。 無料コールが1回あり、それ以上の呼び出しをしたければ一回につき500円程度を支払うというのがアプリのビジネスモデルのようです。クリスマスの前後の日付にあわせた様々なメッセージ(プレゼントが遅れてごめんね、なんてのもあります)や、年中いつでも通用するメッセージ(夏のバケーション先からの電話とか)、誕生日に仕えるメッセージ、なども選ぶことができます。 メッセージを選んだら、子供の名前や年齢、今いる国(Japanも)を選び、今すぐかスケジュールをセットすると、あとはアプリに電話が掛かってきます(=電話が掛かってきてるかのように動きます)。 本当の電話を使っているわけではないので、世界のどこにいても動きます。 https://itunes.apple.com/us/app/personalized-phone-call-from/id914022423 A Call From Santa!なども、同様のスマートフォンアプリのようです。こちらは試していませんが。他にもいくつかあるようです。 DialMyCalls DialMyCallsという、遠隔地で働く社員に一斉に電話を掛けて同じメッセージを伝えるのに使うようなサービスがありますが、ここもクリスマス毎にサンタからのコールバックを無料で提供しています。 自社の通知など自由な音声を吹き込んでそれを送るサービスが元なので、有料プランを契約してサンタ以外のいろんな人から電話させたり、自分で日本語を喋るサンタのメッセージを吹き込み、それを掛けさせることも可能ですね。 ただし、サービスの提供先は米国とカナダのみ、となっています。 まとめ 北米の電話番号を持っていて電話が受けられるならどのサービスでも良いですが、そうでなければアプリ版の

dockerizeコマンドで他のDockerコンテナの立ち上げを待つ

「Docker で動くようにすること」(to dockerize)じゃない、ツールの方の dockerize (jwilder さん作)を使って、同じDocker network 内(setup_remote_docker したもの)に立ち上げ中のコンテナの準備ができるのを待たせる方法。 # 名前が紛らわしいのは検索性を低めてると思いますが どうせならツールも自力でセットアップせずに docker hub にあるものを呼べばよいということで、 [code language=text] docker

Wiredの「Facebookが顔写真認証をテスト中」は誤報のような気がする

https://twitter.com/flexlibris/status/935635282564734977 これが発端のツイート、「フェイスブックにログインできなくなってると思ったら自撮り写真のアップロードを要求された」という体験なのですが、これをWired が取り上げて、フェイスブックが顔写真をCaptcha とした本人認証を実験中、みたいに報じ、他メディアもそれを参照する形で追ってるわけです。 しかし、7か月前にredditでまったく同じ体験が公開されていますし、フェイスブックのサポートコミュニティでも顔の映った写真をアップロードしろと出てきましたが、どうしてですか?というFAQ

パリス・ヒルトン氏、セルフィー「発明者」として名乗り出る

パリス・ヒルトンさんが、11年前にブリトニー・スピアーとセルフィー(自撮り、自画撮り)を発明したとツイートしてたようで。

まさかセルフィーの起源を主張する人が出てくるとは。なんか盛り上がってます。

1999年 「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」

1999年 ビル・ナイ 飛行機内、使い捨てカメラで

1991年 「テルマ&ルイーズ」

https://twitter.com/Aanth/status/932339732117323776

1985年 マドンナ「スーザンを探して」

不明 マリリン・モンロー

不明 サミー・デイビス・ジュニア

1930年代 フランク・シナトラ

1910年の写真だそうです。これは面白い。

こんなのが見つかっただけでも、最初のバカツイートには意味があったかもしれません。

タイマーで自分を撮るとか、何分もじっとしないと映らなかった時代の自分撮りは、セルフィーと言っていいかわかりませんが、カメラを自分の手に持っていれば、鏡に映した像を撮影したものも含めて、セルフィーだと考えている人が多いようです。

via Bored Panda

iPhoneの音声認識、トロンボーンの演奏を妻にメッセージしてしまう

ジャズ・トロンボーン奏者のポールさん(@JazzTrombonist)のツイートが話題を読んでいます。

音声入力を使って妻にメッセージを送ったポールさん、「あとで買い出しに行かなきゃね」と書いた後にトロンボーンの練習を続けたそうですが、妻の方には「ウーウーウーウー フーフーフーフー ウーウーウーウー」という謎のメッセージが大量に届いたということ。

いいねが20万件もついたことを受けて、ポールさんはツイッターで紹介したことが起こった様子を動画で再現しています。

こういった日常音も、音声認識技術が学習を続けて進化すれば、メッセージとしては取り込まず無視したり、映画のクローズドキャプションみたいに、「(トロンボーンの演奏)」など情景として説明してくれたりしそうではあります。

それまでは、いろんな楽器を音声認識に食わせてみて、どんな結果になるか試すと面白いかもしれないですね。逆に、人間の言葉でないものを与えて、ちゃんと言葉に認識させる、という遊びもあるかもしれません。

via Geekologie

トップ100万ウェブサイトのrobots.txtを解析した人とその結果

An Analysis of the World's Leading robots.txt Files(世界のリーダーたちの robots.txt ファイル)というブログで、世界の上位100万サイトの robots.txt を解析したベン・フレデリクソンさん(Ben Frederickson)の話が出ていました。

フレデリクソンさんは、解析結果から、3つの面白い気づきを紹介してくれています。

Googlebot にしか見せないサイト

Googleボット以外のすべてのボットを拒否する、という設定のサイトは意外に多いそうです。

大手サイトでは例えば、フェイスブック(robots.txt)が厳しいということ。実際に見ると Apple や Baidu など有名どころのクローラーはいくつか受け付けているのですが、基本的には「その他は不許可」という指定をしています。

アメリカ国勢調査のサイトも、Google, Yahoo, Microsoft の3社のbotしか受け付けておらず、例えば真剣にGoogle の対抗馬を目指しているような DuckDuckGo の bot はアクセスできません。

記事中に、主要言語ごとの人気サイトで DuckDuckGo のクローラを許すかどうかの表があるのですが、かなり多くのサイトがアクセスを禁止しています。DuckDuckGo を排除しているというわけではなく、よく知らないものやマイナーなものはすべて不許可、という態勢ですね。

今後、新しい検索エンジンや、その他のクローラーを使ったサービスが出てきても、多くのサイトはアクセスが禁止されているのが現状ということですね。

みんながブロックするクローラー上位ランキング

より多くのドメインで拒否されているクローラーは何だろう? という集計もしています。一番人気は MJ12bot 。続いて AhrefsBot, Baiduspider, Nutch… と続きます。

日本語のブログでも、このあたりの bot を止めたい、アクセスが多すぎて困る、という記事を見かけるので、いろいろなサイトの運営者が迷惑と思っているのでしょう。Google bot なら見に来ればその後の実ユーザーの来訪も見込めますが、ユーザーを連れてこないのにボットに絨毯爆撃のようにアクセスされても困るだけですからね。

サイトを丸ごとダウンロードするようなツールの bot も、禁止リストに入っていることが多いそうです。

robots.txt で求人

Pinterestなど、robots.txt のコメントで人間向けの勧誘をしているサイトも多いようです。

ピンタレストは採用中!(Pinterest is hiring!)

ロボット用のファイルを読んでいるあなたがもし人間なら、デジタルオーシャンで働くべきだ

私たちもロボットは好き。私たちとボットについて語り合いましょう(Angel.co)

HTMLのコメントにもこういうのありますが、実際これで採用につながることってあるんですかね?

ソースコード

Pythonで書かれた robots.txt クローラのコードは Github で公開されています。

via Hacker News

Docker+Traefikで同一ホストのサブフォルダとルートフォルダで別バックエンドを見に行かせる

Traefik をリバースプロキシにしてアクセスをバックエンドの Docker コンテナに振り分ける実験をしていたのですが、http://example.com/app1 と http://example.com/app2 をコンテナ app1 と app2 に振り分けることは無事できたものの、http://example.com/ へのアクセスがどちらにもいかず404になってしまいました。

docker-compose.yml の label で Traefik の動作指定をしていたのですが、どちらかの app に / を含めてしまうと、/ を書いた方の定義が優先されてしまい、もう一方のサブフォルダが振り分けされなくなってしまいました。

では、/ を含む方の定義に2つの条件を書けばいいのでは、と思いましたが、一行の中にセミコロンで複数条件を書くのは、それらの AND を表していて、OR にはなりません。それでは、と、二つの条件を2行に並べて書くと、後で書いた方だけが有効になるよう。

公式の github project を検索すると、ラベルにサービス名をつけることで複数の条件を OR で指定できるようです。

Allow multiple rules from docker labels containers with traefik.<servicename>.* properties by benoitf · Pull Request #1257 · containous/traefik

この修正が今年の3月で、version 1.3.0 に入っている。ということは使えるということ。

GoogleのChromebook宣伝動画、YouTube にスパムとしてはねられる

ツイッターにおけるヘイトスピーチ投稿の規制や、プログラムによる自動的なスパム判定がニュースとなっていますね。

そんな中、同じくスパム投稿や違法コピー投稿がなかなかなくならない YouTube で、有名企業によるプロモーション動画が誤判定でスパム扱いされた、と TheNextWeb が伝えています

今回、スパム判定されてしまったのは、新しい Chromebook の宣伝動画(おそらく Pixelbook )、作ったのは Google 社です。YouTube を運営している会社ですね。自社サービスに自社動画がブロックされてしまったと。

スパム判定された状態の動画はすぐに撤回されてしまったようですが、消される前に Android 上の YouTube アプリで撮影された証拠動画というのがこちら

この動画はユーチューブのスパム・不正・詐欺行為に関するポリシーに違反したため削除されました

“This video has been removed for violating YouTube’s policy on spam, deceptive practices, and scams,”

ユーザー投稿がスパムや不正なものでないか、プログラムで機械的に判定するのがいかに困難か、という証拠のようにも思えます。

僕としては、「自社のアカウントは絶対スパム判定されないよう、特別扱いでホワイトリストに入っている」といった管理をしてないのはむしろ好感を持ちましたし、疑陽性で止められる経験によって機械学習等によるより正確なスパム判定をできるようにしなきゃ、と中の人も思ってるのではないかと思いました。

via TheNextWeb

Chrome Engine Extension – 友達のパソコンでのYouTube再生を毎日少しずつ遅くしていくChrome拡張

scd31.com の Stephen さんがブログで公開しているのが、同僚や友達のChrome にイタズラを仕掛けるための Chrome拡張「Chrome Engine」

友達にイタズラを仕掛けるための Chrome 拡張です。毎日、YouTube の再生速度が1%ずつ遅くなっていき、30日後には 7割の速度になります。拡張のアイコンはChromeのアイコンを使っていて、自身を「Chromeエンジン」と偽ります。

This is a chrome extension I wrote to prank some friends. Every day, it lowers playback rate on YouTube by 1%, until it hits a target speed of 70% – 30 days later. It has the Chrome icon and calls itself “Chrome Engine” as a disguise.

再生速度を変える、ってどうやってるのかなとソースを見たら、playbackRate というパラメータが YouTube の再生ページ上 videoElement にあるんですね。これを指定すれば、YouTube 動画を倍速再生とかもできるということか。再生速度を調整するブラウザ拡張、というのもありました。

ソースのコメントによれば、速度を50%以下に指定するとおかしくなるそうで、遅くできても半分の速度が限界のようですね。

ソースコードおよび拡張パッケージが公開されています。まあ、このChrome拡張はGoogle公式では配布できないでしょう。

via Hackaday

akky's work blog