2006 年のネット開発に向けて覚えるべき技術

Anil Dash 氏のブログ記事 Web Development Trend for 2006 では、2006 年にネットサービス開発で主流になる技術をピックアップして紹介している。Web 2.0 に対応したい人が注目すべき技術群だということだ。

以下各項目について最小限のまとめと、僕の感想を括弧で。

Dampening (なだらかな画面変更)

Ajax による部分的な画面書き換えで、変化した部分を一時的に黄色く書き換える Yellow Fade テクニックを代表例に、ユーザをむやみに驚かせない UI デザインのトレンドとして Dampening というキーワードを挙げている。

(最近は Ajax といえばこの手の効果が入ってる。それを揶揄するようなブログもあるが。ちなみに、この記事はこの記事で非常に面白い。要は適切な使いどころだと思う。)

ECMAScript E4X

Flash や Firefox 1.1 ではサポート済という、XML を扱いやすくした Javascript の拡張。

(IE は? 彼の書いている E4X のすごさが今ひとつ実感できない)

JSON

Javascript フレンドリなデータ交換形式。

(どうせ Javascript で操作するんだから Javascript が使いやすい形式で流通させよう、というのは利に叶ってると思う)

XHTML と CSS の更なる推進

企業サイトでも CSS 対応してないのは依然として多い。CSS への移行が進む。よりよくマークアップされたコンテンツがデータの利用を進める。

(Web リミックス親和性の高いサイトが、データをより多く引用され、結果的にネットでの存在感が大きくなるということか)

バッファリング

Ajax を代表に、ユーザの待ち時間を減らすためのバッファリング技術がさらに進化する。

(いわゆる8秒ルール、は、どんどん短くなっていき、サービス開発者はバッファリングの改善技術が必須となりそう)

Atom API

フィードではなく出版プロトコルのほう。多くのブログアプリケーションが対応済である。活用がされていく。

(一番活用してるのはスパマーだったりするのが頭の痛いところか。検索エンジン各社の対策に期待するしか)

Ruby の伸張

国際化、スケーラビリティ、他言語との相互運用など解決すべき問題は多い。皆が一斉に注目しだした今、それらで先手を打てれば多くの機会が得られるだろう。

(国際化? Ruby のじゃないとしたら、フレームワーク/アプリケーションの国際化かな?)

マーケティング

技術を知っていることや技術を組み合わせること自体ではなく、一般人にプロモートできることが重要。技術のエキスパートとなると共に技術の価値を説明できる人になる必要がある。

(いやまったくその通り)

結論

仕事を探したいなら、景気やアウトソーシングに文句をたれず、上記のような技術をチェックし、サンプルを作ってブログにどんどん書いていくべき。そうすれば企業のほうであなたのブログを探し出して勝手に雇ってくれるだろう。

(サイボウズラボの視点からみたら、そういうブログを書いてる人を探すべき、ってことだな)

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

「2006 年のネット開発に向けて覚えるべき技術」への4件のフィードバック

  1. >一番活用してるのはスパマーだったりするのが頭の痛いところか。

    入会のAPIまで公開してしまうとか、悪用を招くようなことを平気でやってしまうブログ提供側の問題もありますね。
    いずれにせよ、Atom-PPの可能性に期待しています。
    データをもっとオープンにしてくれる人たち(企業)が増えることがポイントかと...。

  2. Atom Publishing Protocol の可能性。

    これまで出ているアプリケーションは、ちょっとした便利さは産んでいるけれど大きな波というかんじではないですね。

    バックエンド側の操作できるデータが増えるのが鍵なのか、クライアント側の今までにないキラーアプリが必要なのか。

  3. ありがとうございます。Yoshimatsu さんのエントリを読んだ上で考えたことを書いてみました。
    http://labs.cybozu.co.jp/blog/akky/archives/2005/09/atom_publishing.html

    僕は4,5年前に RSS を調べたとき「こんなの普及しないよ絶対」と見限ってしまったビジネス音痴なので、Atom PP に懐疑的とはいっても、また何かを見逃している可能性は高いんですよね。

    そんなわけでみなさまの突っ込みお待ちしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。