アルファブロガーを英語でなんと言うか?

「なんというかも何も、それ英語じゃないか」、と言われそうだが、alpha blogger という言い方はそれほど普及してないみたい(Google 調べ)。

日本語のアルファブロガーに相当する言葉は、A-List bloggerというらしい。こっちのほうが検索では 100 倍ほど多く出てくる。Wikipedia に載ってるから、というのは根拠にしちゃいかんのかもしれないが。

日本で、影響力の大きなブロガー、のことをアルファブロガーと言うようになった経緯は、検索結果からすると

ニューズウィークの記事Ad Innovator日本のアルファブロガーを探せ2004

という流れのようだ。ただし、このニューズウィークの記事中でも、”Alpha Bloggers” という表記と、”A-Listers”という表記の両方が使われている。「アルファブロガー、彼らが自分達を指して言うところの、A-Listers」、なんて部分もあるので、自称するときも “A-Listers” が使われることが多いのかもしれない。

いや、だからどう、というわけじゃないんだけど、英語で英語圏の人と話すとき、alpha bloggers で通じるんだろうか、それとも A-Listers / A-List bloggers のほうがまだ通じるんだろうか、という素朴な疑問。職場に今話題のアルファブロガー本が落ちてたのでちょっと読ませてもらいつつ思ったわけ。

A-Listers Bloggers をあらためて日本語に訳すとしたら、「A級ブロガー」? 「Aランクブロガー」とか。

# 「Aランクブロガー」の主題歌はぜひ子門真人に、って判らんよねそんなネタ

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

「アルファブロガーを英語でなんと言うか?」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。