Ajax は難しい? AHAH ならどうだ

AHAH は Asynchronous HTML and HTTP の略で、Ajax の Javascript と XML の部分を素の HTML に置き換えた、Ajax のかけそばみたいなものだ。

AHAH (アハー、と読むのだろうか)は、Ajax の簡略版と言える。提唱者の主張するその特徴は、

  1. XML スキーマとか考えないことでデザインが高速にできる
  2. 現行の HTML を再利用でき、新たにウェブサービスを作る必要が無い
  3. すべてのデータはブラウザで見える形でやりとりされ、デバッグやテストが簡単
  4. HTML はページの DOM に直接埋め込める形で返されるので、パーズが不要
  5. HTML なので、デザイナが CSS で直接フォーマットできる。XSTLT でプログラマーが整形するよりいい
  6. 処理はサーバ側で行われるので、クライアント側でプログラミングは無い

サーバ/クライアント間のデータ転送を、無駄に XML や JSON などで行っているケースは、Ajax の利用ページの中でもそれなりにありそうだ。この AHAH のようなケースも、Ajax の一例と言ってしまっていいと思うが、もっと楽できるところは楽しようよ、という提言としての意義があるのではないか。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.