Ajax や Ruby on Rails の発音

DigitalLife TV Episode 10 で、zVent のCTO 、Tyler Kovacs が Ajax と Ruby on Rails の関係を素人(でもないか)のおっさんに説明していた。(zvents についてはこちら)

梅田さんも書いてるが、全方位的に英語ができなくても、自分の専門の英単語だけ知ってれば英語圏でも仕事はできるようにはなる。「Ajax とか Prototype.js 、Scriptaculous、Dojo 」とか、個々の用語を知ってると、けっこう早口だけどもそれなりに話を追うことができる。また、それらの単語の「より本場らしい発音」も知ることができる。

これが料理の話とかテレビの話題、小粋なアメリカンジョークとかだったら、なんちゃって英会話の僕ではたぶんちゃんと理解することができないだろう。

やはり、自分の興味があること、概念を知っていることについてのリソースを探して、それを繰り返し観たり聴いたりするのが、仕事の英語を身につけるにはいいんじゃないかな。おすすめ。IT Conversation もとてもいいんだが、画像があるとリスニングが追いつかないところを画像が助けてくれることもあるので。(逆に言うと、画像を見てわかった気になってしまう危険ともいう)

また、そういう「狭いドメインの mp3 や動画」を、ウェブから簡単に探したり視聴したりできるようになっているのは、以前に比べて大きな進歩だと思う。

肝心のコーナーは、全体の 20% ぐらいから 35% ぐらいまで。(QuickTime PlugIn では時間情報が見えなかったので、大雑把で申し訳ない)

# zVent の発音はズを小さく「ズベント」らしい。快傑…

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください