Google が OpenOffice に開発リソースを投入

via cnet

Google が、OpenOffice のための技術者を雇う予定を明らかにした。

Sun と Google の提携が発表されて一ヶ月になる。OpenOffice は Microsoft Office のオープンソース対抗であり、Google と提携した Sun は OpenOffice をベースとした StarOffice という製品を売っている。

Google は、元々、オープンソースに対してそれなりに支援をしているため、技術者を数人貼り付けてオープンソースプロジェクトに投入すること自体は目新しい動きではない。IBM をはじめどこでもやっていることだ。

OpenOffice への関与が、Ajax Office、ブラウザで動くオフィススイートを目指しているとは僕は思っていない(OpenOffice のインストーラは 80MB あり、そのロジックをウェブベースアプリケーションに持ち込むことは非常に難しいと見る)が、cnet news でも指摘されているように、OpenOffice で採用されている OpenDocument 仕様をサポートしたウェブアプリを検討している可能性はある。

その何かは、Ajax Office そのものではなく、Google の強み、インターネットによる共有や検索、を生かしたものになるのではないか。

一太郎の Open Document 対応予定も発表されたことだし、今後、Open Document という規格を軸に、ネット上のサービスとクライアント側のオフィススイートの距離が縮まっていく動きが見られるのでは。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください