うろ覚えの曲をサーチ (Alexa Web Search Platform 利用サイト )

Wall Street Journal の Alexa Web Search Platform に関する記事中に、

Rainer Typke というオランダの大学生が、この Alexa Web Search Platform を既に活用中である」と書いてある。

なんでオランダの学生が、発表前の Alexa Web Search Platform を使えているのか、どう使っているのか、がわからないのだが、そのサービスはこれらしい。

musipedia_logo.gif
http://musipedia.org/

メロディから曲を検索するための検索サービスで、サービス自身は2004 年からやっているようだ。

Alexa の新サービスを使うことでより多くの曲を検索できるようになった、ということだが、、、はて? どこに活用されてるのか見えないんだが。

でもまあ、サービス自身が面白いので是非別途ご紹介したかった。サービスは、メロディを入力して候補となる曲情報を得る検索サービス。

Java Applet でキーボードを叩かせたり、歌った音声ファイルをアップロードしたり、といった、他でも見る入力方式のほかに、Persons Code という、「次の音が前の音より上がったか下がったかだけ」を入力するという方式が提案・実装されていて、面白い。

こんなのを入れると、”uuudrudrududdduuuuuddddudduuduuudd”

ありました、って言ってこんな結果が出てきた。
[C] Bach, Johann Sebastian: Cantata/147 No. 10 Jesu Joy (accomp’t) BWV147

完全に正しくなくても、似た曲を列挙してくれる。

この入力方式は、T9 とか Palm のグラフィティ を連想させられた。

ブラウザのフォームからうろ覚えのメロディを入力させるとき、現実の制約を考えると、こういう簡略化した入力方式は便利だ。アイデア賞ものだなと感心させられた。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。