CEO Eric Schmidt の語る Google の掟 10 か条

via Google の CEO、エリック・シュミットらによる Newsweek への寄稿記事

ナレッジワーカー(知識労働者)の生産性を上げるためにグーグルが守っている 10 個のルールを CEO の エリック・シュミットが自ら紹介している。

# 中身まで訳すと Newsweek の人に怒られるだろうから項目名だけ。たぶん Newsweek 日本版にもそのうち翻訳が載るんじゃないか

  1. グループによる採用
  2. 社員がほしい設備・施設は何でも与える
  3. 社員を隣り合わせに詰め込む
  4. メンバの協同作業をやりやすく
  5. 自社製品/サービスを自分達がまず試す
  6. 創造性を称揚する
  7. 合意への執念
  8. 邪悪なことはしない
  9. データによって判断する
  10. 効率よくコミュニケートする

また、シュミットは Google が直面してる問題として 4 つを挙げ、これらの解決にがんばっているという。

  • 過剰な技術偏重主義
  • 「自分で作ったほうがうまくいく」症候群
  • 成長に伴う様々な社員すべてにとって魅力的であり続けること
  • 世界企業となった上でのコミュニケーション問題

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。