feedpath と Fresh Reader

さきほど、本社の新ネットサービス feedpath が公開されたらしい。

フィード(RSS)界隈では、先週、Fresh Reader というパッケージ製品が公開され、話題を呼んでいる。じつは、feedpath と Fresh Reader には、浅からぬ因縁があるのだ。

  • feedpath は、これまで主に企業向けのパッケージ製品をダウンロード方式で販売してきたサイボウズ本社による、本格的な一般向けネットサービスになる。
  • Fresh Reader は、ブロガーなど一般向けへのネットサービスを多数運営してきたサイドフィード社による、初の企業向け(個人でも使える。特にブロガーは無料だとか)パッケージ製品となる。

Fresh Reader については、一昨日の PHP 勉強会でも発表者の方が「要注目」と薦めていた。

本社のサービスと、元サイボウズ社員のパッケージ製品が、同じ RSS リーダーという土俵でほぼ同時に公開されたというのが興味深い。それぞれが、これまで得意と思われてきた分野ではない反対側の領域に進出しようとしているというところも、どういう思考過程でそのようになったのか訊いてみたいところだ。

二つの製品は、直接の競合はしない。feedpath が、無料ブログスペースや SNS などを利用してきたライトユーザのためのものであるとすれば、Fresh Reader は、自分でスクリプトのインストールができるぐらいの詳しいユーザのためのものだろう。

残念ながら、サイドフィード社にはサイボウズとは「元社員」という以外の関係はない(会社として出資関係とかは無いようだ。円満退社ではあるようだが)と聞くので、Fresh Reader が成功してもサイボウズとしては特にいいこともないわけだが、日本の RSS 界隈のさらなる盛り上がりや一般化に向けて、どちらもうまくいってほしいものだと個人的に思う。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください