米Yahoo! 無名 Web2.0 企業を設立前に買収

Yahoo! Announces Acquisition of Company Before Its Foundation の翻訳

カリフォルニア州サニベル, 2006年1月11日 (ヤードリープレス発) — 本日、グローバルインターネット企業である米ヤフー(Nasdaq:YAHOO)は、まだ名前のない Web2.0 企業を設立3日前に買収したと発表した。ハイプ・プロダクション社のクリス.P.ベーコン執行役員は「ヤフーは、利益の出ておらずビジネスプランの無い企業群を、他のどのグローバルインターネット企業よりも早く獲得することで、無料で大量のニュースへ露出していきます」と語った。

「ベンチャーキャピタルよりも早く、利益よりも早く、時には製品が出来るよりも早く、我々は早め早めの買収を行ってきました」新たに早期ビジネス開発部長に任命されたヒュー・ジョーガン氏は語った。「企業を創立よりも前に買うことで、明らかなこのトレンドの先取りをすることができるのです」

ヤフーに対する好意的なニュースだけを集めて役員に報告するヤフーの部門では、予想されるマスコミからの賞賛の嵐に備えている。「一番新しい『買収』では、サービスの創始者自身が『もしかしたら、かなりの確率でブラウザがクラッシュし、あなたのパソコンを壊すかもしれない』『バグだらけのソフトウェア』と言っていますが、にもかかわらず、業界で最もホットな話題の一つとして言及されています」ホッチキス担当役員のケリー・オキは笑う。「次の買収では、新しい宗教の誕生並みかそれ以上の盛り上がりが期待できます」

この被買収企業の創立者だった”かもしれない”タッド・ポールは、ミスタイプ訂正長としてヤフー検索マーケティングに合流した。「はじめは、単に採用のオファーを貰ったのかと勘違いしましたよ」「しかし、ヤフーは、私がネットゲームに接続する待ち時間中の暇つぶしとして考えていた起業アイデアの中に、可能性を見出してくれました。」

ヤフーは、この未設立の企業が持つすべての知的財産権を入手した。その中には「タグと RSS を使い、Google Maps ともマッシュアップするような何か」や「全部小文字でパステルカラーを使った素敵な会社ロゴ」も含まれる。

米ヤフーでは、2006年中に、2000を越える未設立の個人企業を買収する予定で、これによってヤフーは史上最大規模の未設立企業買収者となる。「我々の戦略的買収計画は、第一に今後何年も続くブログ界における存在感を持つためなのです」と、ベーコン氏は説明した。「これは噂されているグーグルの新製品、使い捨て4枚刃カミソリよりも大きなものとなるでしょう」

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。