ブラウザ幅に応じて変わるレイアウト

via clagnut

ブラウザの幅が狭いと2段、広いと3段になるようなページレイアウトをいくつか紹介している記事。

見てもらうのが一番早い。以下のページを開いて、ブラウザの幅を狭くしたり広くしたりすると、縦列の数が変化する。

UX MAGAZINE

Redesign Notes 1: Width-based layout

著者自身のサンプルは、幅によってはあまり美しくならないが、何段にも可変にできる。

画面の大きな人でも小さな人でも、それなりのページが返せるというのはいいかもしれない。もっとも、逆に表示サイズがどうであれ同じレイアウトになることを望む人もいるだろうが。

日頃、だいたいブラウザの幅なんて一定で使ってるので、こういうレイアウトのサイトがかなり普及してたとしても気づいてないわけだが。こうやってブログで特集されてはじめて気づいた。僕は横にスクロールさせるよりはこっちの切り替えのほうが好みかな。

この記事を読んでいたら、ちょうど今日 mixi.jp (会員のみ。招待制)がサービス追加をしたようで、右端に一列増えていた。ということもありなんとなく記録。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。