ミイラ取りがミイラに。「Digg 効果を避ける方法」

ちょっと前までは、”Slashdotted” という用語があって、Shashdot.org でサイトが紹介されたために大量のアクセスがやってきて、負荷に耐えかねてサイトが応答できなくなってしまうことを指していた。

日本の場合は、Yahoo! ニュースから個人運営のサイトなどにリンクが張られた場合に同様の問題が起こっている。

最近では、人気のサイトを肴にしてみんなで語り合うのも、Geek(技術者)に偏った Shashdot よりも、Digg というサービスが有力になっている。Digg で紹介されてダウンしたサイトは、”Digged”(Digg された)、などと言われる。

で今日の面白話だが、「Digg 効果に対してどのように準備しておけばいいか」というタイトルのページが、Digg で紹介されて、アクセス集中してダウンしているということだ。(Digg のエントリ)

……なかなかうかつな事は言えないものである。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください