蘇るPC-8801伝説

こんな本が出てるとは知らなかった。すごいよこれ。木屋さんと内藤さんの対談とか。森田和郎インタビューとか。

マンガ家の赤松健が高校生にしてゲーム作家だった、というのも驚いた。「パラディン」ってやってはいないけど存在は覚えてるよ。すごいなあ。

あと、しれっと「Tiny Basic Newsletter(の表紙)」「Yo のけそうぶみ」が載ってるのがすごい。これ好きだったなあ。

当時のログインとか ASCII を読んでたマイコン少年にとってはぐっとくる内容である。若い人には通じないかもしれないけど。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

蘇るPC-8801伝説」への5件のフィードバック

  1. 「復活!TK-80」なんてのもでてましたよね。
    流石にそういう世代じゃないのでイマイチ理解できなかったけど。

  2. 私が挙式をしたオーナーのだんなさんがゲームボーイのゲーム開発かなんかの執筆された方でしたね

    っていうか目次みたらやべー
    http://www.ascii.co.jp/ant/pc8801/mokuji.html
    ブラックオニキスとか超やりてーハイドライド3は終了認定書もってるよ!!とか

    #しかしENIXのELDORADOがないのが残念(無理

  3. ムーンストーン!(挨拶)

    8801時代のゲームとかも、うまいことリメイクすれば今でも面白いものになるんじゃないかとか思ったりもしますねー。

  4. 私は 6001→9801 という経過なので 8801にはそれほどの思い入れはないのですが、すごく「憧れ」があったマシンでした。
    今ならそのあこがれを果たすことができるかな(笑
    去年出た「PC-8001 & PC-6001」の本を買ったものの、いまだにじっくり向き合えていない状態です(悲

    今調べてみたら、9801の本も出ていたのですね。Bio_100%とか懐かしい。。。今やっても楽しいかな~。きっと楽しい気がする。

  5. 僕も PC-8001 は最初のパソコンです。PC-8001 の本はすでにあったんですね。PCG とか芸夢狂人さんとか16進打ち込みツールとかそういう話かな。

    YAPC で二十歳前後(!)のハカー達にたくさん会ってきたので、年寄りモード強まってます。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。