開発合宿成果(1) サイボウズ地図

3月末の開発合宿で作ったものを、やっと外からみえるサーバに移し終えた。風邪で寝込んだり、外サーバの設定でいろいろ遊んでたりしたのでかなり遅くなったけど、作ったものを出しておかないと。

行きの車の中で何を作るか考えてたんだけど、複数のサービスから持ってきたデータをマッシュアップして、何か、ということで考えてみた。

あと合宿参加者の赤松さんが SimpleAPI が面白いと薦めてたので、これも絡めてみようかな、と。

Google Maps API v2 の時にスタティックファイルとして出してしまってるけど、まず最初に、 Google Maps を使おう、ということでサイボウズ関連会社(グループ、一部出資など)をマップしてみた。

サイボウズ地図

使ってるのは

Google Maps API

その呼び出しライブラリとして PHP GoogleMapAPI

Geocoding API

SimpleAPI サムネイル

PHP GoogleMapAPI は、PHP側で Google Maps API のコードを生成するライブラリ。表示データを処理するのがサーバ側なので、ついでにサーバ側で Javascript を作っている。

内部的に、Google か Yahoo を使ってアドレスから座標を取得し( いわゆる geocoding )、取得した座標は DB にキャッシュすることもできる。これらは日本の住所から座標を返してくれない(Google のは調整したら住所によっては返ってくるようになったが)ので、CSISシンプルジオコーディング実験を使った Digital Life Innovator のサービスgeocoding.jp、など日本の住所に対応したサービスを使う。今回の(1)はどちらでもよかったのだが、後のことを考えて geocoding.jp を呼ばせてもらうことに。

座標とページのそれぞれはキャッシュしている。サイボウズの関連会社一覧はどうせ手動メンテなので、スタティックなファイルを吐かせてもいいんだけど、まあそこまでやるほど人は見に来ないだろう。そんなに変化する内容じゃないとは思ったら、昨日も一社増えてたそうで、なんだかすごい。

前に Google Maps API version 2 のデモとして出したのは、今回のページを手で version 2 に修正した html ファイル。依然として version 2 + IE ではこのページが動かない(Firefox では動く)けど、原因が生成されたコードのせいなのか version 2 のせいなのかわかっていない。

(2)に続く

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。