Google の音声検索特許

via tech.memeorandum

あらたに公開状態になった Google の出願特許の中に、音声で検索するインタフェースについてのものがあるそうだ。( CNET News )

パソコンで音声入力することは、特にオフィス内では、まだまだ普及しないとは思うけれど、検索ワードを入力するのがたいへんな状況、たとえば携帯電話、では有用だと思う。

アメリカにいたときは、すでに電話の自動応答システムが音声認識をかなり採用していて、プッシュホンで数字を入れれ宇だけじゃなく、「ビープの後にあなたのフルネームを喋ってください」みたいな入力をした記憶がある。

より広範囲な単語やフレーズに対して認識精度が向上すれば、話し言葉で尋ねて音声で結果が得られるという、うちの両親にもやさしい検索サービスが実現するだろう。

また、Google Maps が多くの新アプリケーションを生んだように、音声で検索できる、という新機能が実際に出てくれば、これまで出てこなかったアイデアで新しいアプリケーションも出てくるだろう。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください