Google Maps API バージョン2による地図表示サンプル

Google Maps API のバージョン2が正式リリースでご紹介したバージョン2の API を使ってみた。

バージョン1による地図

バージョン2による地図

サイボウズ・ラボは全社員それぞれに遊び場用のサーバ環境をくれているので、(ほとんど使ってなかった)僕のサーバに置いてみた。

ちなみに、元の HTML は PHP 用の GoogleMapAPI というライブラリで生成したもの。こないだの開発合宿でちょっと遊んでみたので、生成されたバージョン1用のコードを、Google の移行ガイドに従ってバージョン2用に書き換えた。

一番大きな変更は、GPoint を GLatLng に(パラメータの順番も逆に)置き換え。あとはいくつかのメソッドが変わっているのでそれらの呼び出しを書き換え。で、なんとなくうまくいってる。もちろん、もっといろんな機能を使っている場合は書き換えも多くなるだろうけど。

上記のサンプルで、バージョン2用に読み込まれた Javascript のサイズは 1536バイト、バージョン1用が 2104バイト。減ってるけど「サイズが約半分」ってことはないなあ。何か間違ってるんだろうか。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

「Google Maps API バージョン2による地図表示サンプル」への3件のフィードバック

  1. バージョン2の方は、画面拡大後、下方へスクロールできません。上と左右はOKですが、下だと直前操作画面へ戻るようです。
    もっとも、私の中古PCが原因かも知れませんが・・・(^^;)

  2. ありがとうございます。こちらからは下スクロールも問題ないようです。(Windows XP Pro, Firefox 1.5.0.1)

    ひょっとしたら、と思い IE6.0 で試してみたところ、IE6.0 では下スクロールもだめですし、社名をクリックしてその会社の位置にスクロールするところも、正しくない位置にスクロールしてしまうようです。

    Firefox では動いているので、呼び出し方の間違いではなくv2のバグかなあ、と思いますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。