Google Sitemaps にルール違反指摘機能が追加

via Google Sitemaps Blog via Matt Cutts Blog

Google Sitemaps は、Google のクローラーに対して自サイトのページ群を能動的に教えることで、Google により最新のページを持ってもらおう、というサービス。うまく Google bot が探してくれないページを登録するという意味でも、SEO対策の一部として使われることがある(ちゃんとトップや他サイトからリンクされて見つけてもらうほうがいいはずではあるが)。

その Sitemaps のブログで、いくつか統計情報の提供機能などが追加されたというアナウンスがあった。

注目は ”Notification of violations of the webmaster guidelines” というセクションで語られていることで、Google のガイドラインに違反している場合に、違反しているのでインデックスされてない、とか、いつの時点から違反認定されているか、などが表示される、というのがサンプルの図からは読める。

AdSense 不正クリック絡みのトラブルや、インデックスから予告なしに突然消えてしまうトラブルなどで、サポートの人間味の無さ(当事者じゃないので本当に無いのかどうかは知らないけど)が非難されることが多くなってきた Google だけど、この機能が充実すれば(しないかもしれないが)、そういう非難も多少は解消するのではないだろうか。

その他にも、ロボットがいつ訪問して、どのページがエラーで取れなかったとか、いろいろ分析が表示されるようになっている。Sitemaps のページ登録機能を使って無くても、自サイトを登録してページのインデックス状態をチェックできるという意味ではいいかもしれない。

[参考]

グーグルは傲慢なのか

”検索エンジンのルールは検索会社が作成する”という大原則

サイバーエージェント、Googleの逆鱗に触れてインデックスより削除

Google AdSense顛末記

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。