部屋に流れる音楽からチャンネルを特定する Google の研究

via TechCrunch

先週ヨーロッパで行われた EuroITV というインタラクティブTV についてのカンファレンスで、Google Research のある研究 (pdf)が最優秀論文賞を獲得したということ。

– PC のマイクを使って部屋の環境音を拾う
– 収集した音を不可逆変換で「特徴」だけのデータに変換
– サーバーへ「特徴」のデータを送信
– 放送されているすべてのテレビ放送から同様に作成した「特徴」とつき合わせて、合致した番組の情報を返送

という手順で、今 PC のまわりで流れている番組情報をネットとマイクだけで取得できる。示されている応用例としては、

– 流れている番組の補足情報を PC で表示
– 番組で映っている服が近所のどこで買えるかという広告を表示
– 同じ番組を見ている人たちの一時的なコミュニティをネットで作成
– 参加者全体の統計から、よりサンプルが多い視聴率を求める
– その番組をネットでブックマーク。シリーズの他のエピソードや類似の番組などの情報も見つけられるかも

ユーザに何も難しいアクションをさせずに、複数のメディアを連携させるという意味でこの研究は興味深い。言うまでもなくプライバシーの話は出てくるだろうけど、実応用サービスを早く見てみたいものだ。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください