Google AdSense API がベータ公開

Google AdSense のブログにて、Google AdSense API のベータ公開がアナウンスされている。

公式ブログの解説によれば、この API によって、自分のサイトのユーザに対して AdSense の申し込みをさせたり、すでに AdSense アカウントを持っているユーザにも AdSense アカウントの管理を自分のサイト上で提供できるようになるということだ。

たとえば、無料ブログスペースなどが、自社サービスを使ってブログを作っているユーザに対して、AdSense の申し込みを勧誘するような使い方があるのではと思った。ブログサービス側ではユーザを集めるためのインセンティブになるし、AdSense の紹介プログラム( 照会先の収入によっては$100得られる )という実収入もある。

このプログラムの対象は、10万ページビュー/日以上あるサイトということなので、当面はそれなりにユーザがいるサービスが対象になるが、まだベータだし、今後対象サイトが小さなものまで広まる可能性もあるのではないか。

Google AdSense がより多くのサイトに載るための推進力になるかもしれない。Yahoo や MSN が AdSense の牙城を崩そうとしていることへの対抗先の一つなのかもしれない。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください