Google AdSenseで大儲けしている個人のリスト

アドセンスで稼いでる個人のリストを作った人がいるので紹介。ネット上でソースが明らかになっている情報から集めて高い順に並べたそうだ。

いったいアドセンスで「すごく稼ぐ」というのはいくらぐらいなのか。

サイト 月の収入(円) サイトの内容
PlentyOfFish.com $300,000(3500万円) 出会い系サイト
Digg $250,000(2900万円) ソーシャルニュース
Jeremy Shomakerのサイト $140,000(1600万円) 多数のサイト
Weblogs Inc. $120,000(1400万円) ブログ集
Free Web Layouts $100,000(1160万円) MySpaceのカスタムデザイン配布
Ask The Builder $30,000(350万円) DIY解説サイト
Joel Comm $24,000(280万円) アフィリエイト解説サイト
Digital Point $10,000(116万円) SEO支援ツール提供

企業としてAdSenseを載せているAOLのようなサイトは除外して、ほぼ個人ベースで運営しているところだけのリストだということ。diggとかWeblogs Inc.は微妙じゃないかそのへん。

また、AdSenseだけをやってるわけじゃないサイトで、他のアフィリエイト分が除外できてないものとかもあるそうなのでそこは注意。

まあとにかく、AdSense広告で成功したいと思う人は上記の個人達が何をやってるか突っ込んで調べてみるのもいいかもしれない。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

「Google AdSenseで大儲けしている個人のリスト」への2件のフィードバック

  1. はじめまして(^_^)
    それにしても、アドセンスで月に数百万~数千万円を稼ぐなんて信じられないですね。
    でも、現実にはアドセンスでそれ位の金額を稼ぐのは不可能ではないということでもあるのでしょうね。
    また、訪問させて頂きます(^^)

  2. はじめまして。
    データ活用させていただきました。

    アドセンスの裏技というわけではないのですが、アドセンスで稼ごうと思ったら、英語でサイトをつくるのが母体が広がるわけで、一番よいと思うのです。日本に対しての、アニメやら歌舞伎やら舞妓さんやらのニーズは海外にあるわけで、海外のことでなく、日本のこと、日本の文化のことを英語で発信すればよいと思ったのです。実際に海外に住んでいる、日本の方は日本語で書かれていますよね。その情報が異国にいる人には便利だったりします。

    本当の意味で、ネットを活用する、ということは、そういうことなのではないでしょうか。

    稼ぐ系の情報商材にうんざりし始めています。

    英語ブログがこれから増えると思われます。
    どう思われますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。