本当に使える10個のWebサービスAPI

via del.icio.us/popular

LinuxWorldの記事で、10個のWebサービスAPIが解説と共に紹介されている。

  1. Google Maps API
  2. Geonames.org
  3. OpenID
  4. Amazon S3
  5. Amazon EC2
  6. Atom API
  7. OpenSearch
  8. Open Media Profile
  9. MediaWiki API
  10. JS-Kit

特定のサービスを便利に使うためのAPI(Flickr APIとか。あれはあれでよくできているけど)ではなく、実際の問題を解決するために使える10個を選んだ、ということだ。

1, 4, 67は「PHPxWebサービスAPIコネクションズ」でも扱っている。2番も同じものではないが日本で使えるものを紹介した。

上記のリストには、日本向けに出てないものもあるし、日本語の解説がまだまだ少ないものも多い。全部が伸びるかどうかはわからないけれど、面白いセレクションだと思うので、今から手をつけて見ておくといいかもしれないなと思った。

ちなみに、僕個人としては、面白いと思ったから本で紹介したので、本にあるのはまあおすすめとして、Amazon EC2やOpen Media Profileもよさげ、と思っている。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください