イノベーションを阻害する10の方法

via del.icio.us/popular

ソフトウェア開発プロセスに関するブログTyner Blainの記事Top ten tips for preventing innovationより、どうやったら革新的な発明をさせないことができるか、というアンチパターン集。

  • イノベーターを面接でうっかり採用してしまう
  • 部下が指示通り動かずイノベーションを起こしてしまう
  • そこそこの表彰や報酬ではなく、イノベーションに対価を与えてしまう
  • うっかりイノベーションのための機会を作ってしまい、社員をそこへ殺到させてしまう

といった失敗が多い、悩みのある企業に効く処方箋だ。

  1. 生活の安定を得ることを目標にしている人を雇う
  2. 無能な人を雇う。無能な人が雇えないときでも、一分野に特化した専門性の高い人を雇う
  3. 給与レベルは市場の75%以下におさえる。給与を上げるとイノベーターをひきつけてしまう
  4. イノベーションの達人!―発想する会社をつくる10の人材を読み、本で薦められているような人材を面接で落とす
  5. 社員をゴミのように扱う。怒鳴りつけ、深夜に、週末に、働かせる
  6. 保守的な成功、小さな成功をどんどん評価する
  7. マイクロマネージメントを行なう。自分がやりたいことを逐一指示して部下に行なわせる
  8. ユーザが望む機能だけをどんどん追加する
  9. 成果はわかりやすい数値で出させて評価する
  10. 部門を王国にする。情報を隠し権力を集める

さてみなさんの会社はイノベーションをちゃんと阻害できているだろうか。

[追記] 2.の誤字修正。4の説明を追加した。4の意図はogijunさんのコメントの通り。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

「イノベーションを阻害する10の方法」への2件のフィードバック

  1. おおこれはかっきてきなソリューションだ。4.はなんで? と思ったんですが、あの」本を読んで、そこに書かれているような人を採用しないように注意深く選考しろ、と言ってるんですねー。なるほど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください