プログラマーというのは、飛行機を作るようなもの

「システムを作るというのは、飛びながら飛行機を作るようなものだ」というEDS(大統領候補を出したり、バスケの神様みたいな名前の社長がいたりするアメリカの大手IT企業)のコマーシャル。

おもしろいんだけど、大規模システム構築のたいへんさを、ジャンボジェットの飛びながらの製造になぞらえるのは、本気だとしたら微妙だなあ。超アジャイル開発だ。オンラインでパッチの出まくるOSとか、いつまでのソフト開発の終わらないゲーム機とか、そういうのも思い出したり。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

「プログラマーというのは、飛行機を作るようなもの」への2件のフィードバック

  1. あー、このビデオ、知ってます。
    今年の1月にラスベガスで全体ミーティングがあったのですが、その時見ました。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください