郵便番号のビジュアライズ2題

まずアメリカ。zipcode(郵便番号)に対応する地域を、小さいほうから順番に線でつないでいくと、全体としてアメリカの地図が浮かびあがってくる、というもの。

Zip Scribble

ZIPScribbleMap-color-thumb.jpg

上のイメージは、さらに州ごとに線の色を変えたもの。

なるほど、これ日本地図でもやったら面白いなあ、と思いつつ、でも面倒だなと思ってそのまま忘れてしまったのが昨日のこと。

そしたら、思いもかけぬ方向から日本版が出てきた。PHPxWebサービスAPI本でタッグを組んだ編集の水上さんから。

郵便番号分布図を作ってみた

zipcode_japan_map.png

こっちは線じゃなくてHTML。クリックするとその場所の郵便番号が表示される。

これ見て、「アメリカのやつは知ってた?」 とメッセンジャーで聞いたら、上のアメリカのを見て日本版を作ってみた、ただそのままじゃつまらないので自分風に作ったということだった。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.