プログラミング2.0

Programming 2.0 from O’Reilly Rader

O’Reillyが、送られてきたメールに書かれていたプログラミング2.0の定義を紹介している。

Programming 2.0
1.0 2.0
バイナリ テキスト
コンパイル プラグイン
書く→コンパイル→実行→テスト 書く→テスト→実行
周期的なリリース リアルタイムの更新
エンドユーザによるベータテスト ユーザ作成のライブラリ
ベンダー制御 エンドユーザ制御
遅い 速い
中央集中/プロプライエタリ 分散/オープン
生産に注力 創造に注力
手続き オブジェクト指向
コードのカスタマイズ カスタマイズできるコード
壊れやすい アジャイル
「社外ライブラリを信用しない症候群」 「ちょっと友達に手伝ってもらった」
一枚岩 モジュール構造
大きなことが強み 小さなことが強み

O’Reillyも、上記の全部に賛成しているわけではないが。おおまかには、さまざまなプログラミングの現場で、あるいはプログラマーの意識における優先順位において、上記のような変化が起こり、続いているところはあると思う。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。