舌で見るカメラ

目の不自由な人でも、舌を使ってものが見えるようにするための研究、というのがあるそうな。

このブレインポート(Brainport)というシステム、カメラで撮影した風景を入力とし、信号を変換して舌に刺激を与えるデバイスで出力する。

舌からのシグナルを景色として認識できるように脳を訓練することで、通路やオブジェクトを認識できるようになるということだ。ビデオに出てきた男性は、パッカーズのチームロゴまでわかるようになっている。

将来はもっと解像度を上げて、より多くの情報が舌からわかるようになるということ。とても期待できる技術だと思った。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

「舌で見るカメラ」への4件のフィードバック

  1. これひょっとして、、、普通に食事しててもビジョンが浮かんでしまうのでは・・・

  2. たしかに、理屈から言うと食事で頭の中に絵が出ちゃいますね。

    リンク先の記事、読みました。指の触覚で文字を読む装置やGPSの話とあわせて、コスト対効果により普及は見込み薄、という予想なんですね。

  3. 舌を使っている理由は、
    -歩いている時や作業中などでもフリーになっている器官であること
    -体の中で最も分解能が高いこと
    かな?

    たしかにコスト的には問題あるんだろうけど、視覚障害者が離れた物を知覚するのには、今の所杖くらいしかない。

    それこそ世の中にはホーキング博士のような方もおわれるわけですから。たとえば視覚障害のある天才風景画家とかがいれば、彼又は彼女のためにこのような機器を使うことは無意味ではないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください