“Google”を打ち間違えただけで起こる悲劇

PCを起動し、IEから”google.com”を”goggle.com”と打ち間違えただけで、どんなひどいことが起こるか、というのを見せる映像。

とはいっても、Windows XPをアップデートしてないとか、IEで開くとかいろいろな条件が必要で誰でもこうなるわけではないみたいだけど。

google.comに似たドメイン名を取得し、そこにウィルスをばらまくようなページを設置して、ミスタイプするユーザを待ち構える人がいる、ということだろう。google.comぐらいになると、ミスタイプする人だけで毎日かなりの数いるに違いない。

アップデートしてないWindows XPなんてものが手元には無いので、どこまで再現するかは試してない。

あと、「ご家庭では試さないでください」、「この映像を作成するにあたって、どんな動物も犠牲になっていません」とかのちょっとしたジョークも面白い。

Windows Updateをかけてない人は決して真似しないように。というか、すぐ更新したほうがいいよほんと。

[2008.02.27 更新]

元の動画がYouTubeから消えていたので、同じ内容のものを探して差し替えました。コメントの方ありがとうございました。

また、Windows Vistaで同じサイトにアクセスした場合に、警告が出たりして、致命的なことにはならないようになっているよ、という比較動画もみつけました。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

「“Google”を打ち間違えただけで起こる悲劇」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。