どうも、Macです。どうも、パソコンとVistaです。

Macの比較広告にVistaが登場。Vistaの融通の効かない音声認識機能を揶揄している。

Vista 「Macは挨拶しています。 キャンセル? 許可?」

Mac氏とパソコン氏が何か話すたびに復唱して許可を求めるエージェントVista。

パソコン 「彼をオフにすることもできるんだが、そうすると今度は必要な警告も出なくなっちゃうんだよ」

[関連]

Vistaの音声認識でPerlプログラミング

Vistaの音声認識セキュリティホールに思う

イギリス版「どうも、マックです。こんにちは、パソコンです」

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

「どうも、Macです。どうも、パソコンとVistaです。」への3件のフィードバック

  1. 警告メッセージの多さを皮肉っていますが、
    音声認識機能を揶揄しているわけではないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。