Yahoo UIライブラリの各ファイルがYahooから直接ホストされるように

via Yahoo! User Interface Blog

Ajaxパーツやページデザイン/レイアウト支援のYahoo! UI ライブラリの各ファイルが、Yahooのサーバから直接提供されるようになったという発表があった。(←リンク先には各ファイルのURLも載っている)

YUIに含まれるCSS, Javascript, 画像ファイルについて、直接 yahooapi.com サーバにあるものを指して使っていいということ。(従来通り、ダウンロードしてローカルのサーバに置くことももちろん可能)

つまり、YUIのファイルを改変したりせずそのまま使ったネットサービスを作った場合、これらのファイルを自分のサーバでホストしなくていい、ということになる。

yahooapi.com にはYahooの分散システムが適用されているので、ファイルの取得はネットワーク的に近いサーバから行なわれるということだ。自前でakamaiのような技術を導入しなくても、YUIの中のCSSやjsに関しては、遠地のクライアントでもそこそこの時間で読めるようにしてくれるということだろう。

また、同じバージョン・同じURLのYUIファイルを使ったサービスが他にもあるだろうから、ユーザ側のキャッシュに既にそれらのファイルが存在している、という可能性もありそう。

自分のサーバへのアクセス者は、yahooapi.com のサーバへもファイルを取りに行くことになるので、それがまずいような場合はダウンロード版を使う必要があるだろう。

他のAjaxライブラリ提供者達が簡単にはマネができない、しかしパフォーマンスに良い影響を与えそうな面白いところを突いてきてる、と思った。

[関連]

Yahoo! UI Library はすごいね

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください