さようなら、twitter。こんにちは、DooViiChat

実は僕はtwitterも友人追加に応じるばかりで使ってない(たぶんまめさが足りないんだろう)ので、「さようなら」もないけど。

仕組みは(ユーザがすごく増えないかぎり)簡単そうなのですぐ出てくるとは思ったけど、日本での一番手はここだろうか。

DooViiChat(ドゥービーチャット) by アクセラートジャパン

DooViiChat.png

まだまだ開発中のようで不安定なところやこなれてないところもあるけど、日本語な分だけより普通の人を巻き込めそうな予感はする。

twitterとユーザーベース分断しなくてもtwitterが国際化すれば済む話だけど、たぶんtwitterの中の人もそれどころじゃないんだろう。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

「さようなら、twitter。こんにちは、DooViiChat」への4件のフィードバック

  1.  今日のタイトルは、good job!
    そういう感性は、個人的には大好きです。
    文頭が、”僕の敬愛する・・”だったら、very good job!

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください