猫ピアノ

via we make money not art

イエズス会の神父アタナシウス・キルヒァーが1650年に出版した『普遍音楽論』(Musurgia Universalis)に載っている楽器「キャットピアノ」の図だそうで。

cat-piano.jpg

鍵盤を叩くとそれに応じた音の高さを持つ猫の尻尾にピンが刺さるそうだ。今こんな楽器作ったらたいへんなことだな。

[参考]

アタナシウス・キルヒァーの情動説 [pdf]

Musurgia Universalisの説明や、楽器を解説した絵の写真

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください