車で買い物に行ったほうが地球に優しい!?

via Digg

オンライン版Timesの記事での、とあるエコロジストの主張Walking to the shops ‘damages planet more than going by car’

「歩いて店に行くことは、車を使うよりも環境に悪影響を与える」のだそうだ。

本文を読んでみると、「車を使うかわりに4.8km先のスーパーまで歩き」、「歩いたことで使ったカロリーを牛肉を食べることで補充」すると、車でスーパーに行って家でじっとしているよりはトータルの二酸化炭素の排出量が多くなる、ということらしい。

あと、運動するとカロリーを使うので体を動かさずに家でゴロゴロしてるのがエコだ、ともある。まあそりゃそうかもしれんけど。

4.8キロも歩いて買い物に行かないだろうし、わざわざ牛肉でカロリー取らなくてもいいじゃないか、という突っ込みは野暮なんだろうか。

タイトルと冒頭は釣りっぽいけど、輸送や冷房、肉食などの効率の悪さを指摘して、ローカルで取れたものを食べましょう、というのが本題、なのかな。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

「車で買い物に行ったほうが地球に優しい!?」への2件のフィードバック

  1. はじめまして。

    >ローカルで取れたものを食べましょう、というのが本題、なのかな。
    先日、はじめて「フードマイレージ」という言葉を聞いたのですが、
    フードマイレージの低い食物を食べましょうということなではないかと。
    ただ、日本の場合、食料自給率が低い訳ですから黙っていてもフードマイレージは高いとは思うのですがね。
    http://www.maff.go.jp/soshiki/syokuhin/heya/qa/alt/altqa030414.htm
    http://eco.goo.ne.jp/life/lohas/shoku/0401.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。