Excel 2007で結果が65535, 65536になる計算が100000と表示されるバグ

via MSDN Excel Team blog

Excel 2007を持ってないので自分では試してないのだけれど、公式ブログでの解説なので実際に起こっているのは間違いないと思う。

# Excel使ってないのかって? 全マシンOpenOfficeしか入れてない。

Excel 2007で(バージョン2007だけ)、計算結果が65,535か65,536になるような計算、たとえば= 77.1 * 850 を入れると、結果が “100,000”となってしまうバグが報告され、確認されたそうだ。

表示だけのバグだそうで、この結果を元にさらに別の計算をした場合、その計算の結果は合っているもよう。

ただ、当該ブログのコメント欄では、“それに+1足すと65537じゃなくて100001になるぞ”“65535に+1して65536″だったという報告もあるので、本当に表示だけなのかどうかそれなら説明の範囲内だ。まあ今頑張って直しているそうなので、65535, 65536が違うと重大な結果になりそうなExcel 2007を使ってる人は、とりあえず古いバージョンのExcelを使うとかOpenOfficeなり他の表計算ソフト使ってみるとかしてはと思う。

[追記]

10年以上前にExcelのコードを触っていたというJoel Spolskyがバグの原因を予想している。

[追記 2007.10.10]

バグ修正版が作成された。Microsoft Updateでも更新されるとのこと。Excel 2007ユーザもこれで一安心か。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。