GMailの新バージョンはGoogle Gear対応とログイン履歴表示らしい

via Googling Google

GMailなどGoogleの多国語化されたサービスでは、英語以外のユーザにその言語でなんと表記するか判明していない文言を訊ねる、という機能があるようだが、この機能によってGMailの次期新機能の存在が発覚してしまったようだ。

まずは、ずばり“New Version”==「新機能」という単語の翻訳。既存GMailのユーザに、新しいバージョンのGMailと現行バージョンを選択させるようなインタフェースで使われるのではと思われる。Yahoo! Mailが今のAjax UIに移行したときも、移行期間を設けてユーザにどちらを使うか選ばせるようにしていたので、同様の手法をとるのではないか。

そして、その他に見つかった新しい文章から、次の二つが現在内部的に実装され、テストされているのではと思われる。

  1. Google Gearsによるオフライン対応
  2. ログイン履歴

Google Gearsはブラウザローカル側にデータ保存をさせることでオフラインでのウェブアプリケーションの利用を支援するクライアントアプリケーションだが、これが入ってないというエラーメッセージや、これをオフにするというメッセージが存在するようだ。

ログイン履歴のほうはセキュリティのためのものと思われる。前回ログイン時刻などを表示することで、他人がパスワードを推測して自分に成りすましてアクセスしていたりするケースを見つけるためで、他のサービスでは提供しているところも多く、これがGMailでも提供されるのではということ。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。