英語空耳広告

via haha.nu

どこかの国のベルリッツのコマーシャルは、みんなが知ってる英語の曲の歌詞を、むりやり曲解してしまうソラミミ・バージョン。

ブロンディー/夢見るNo.1

ウォンさんのお母さん(“Mama Wong”)ではない。

カルチャークラブ/カーマはきまぐれ

カメリアの花ではない。

M.C.ハマー/ユー・キャント・タッチ・ディス

ケンがこれを触った(“Ken Touched This”)ではない。

英語勉強しないと正しく聴き取れないよ、という意図か。それはともかく、これが面白いのならニコニコ動画の海外進出も十分ありかと思ったり。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。