誠実なお店の看板

via del.icio.us/popular

バイク店にかかっていた正直な看板の写真だそうで。

good-cheap-fast.jpg

「良いサービスを、安く、早く。3つのうちどの2つでもお選びいただけます」

  • 良いサービスを安く、という場合は時間がかかります
  • 良いサービスを早く、という場合はお代がかかります
  • とにかく安く早く、という場合はサービスの質を落とさせていただきます

ソフトウェアの開発も同じことで、3つを同時にいくらでも満たすのは無理。できますと言うエンジニアがいたら詐欺師かダンピングのどっちかだろう。

機能とコストと納期は、x-y-zの三軸に張り付いたゴムの膜みたいなもので、一つをグーッと引っ張ろうとすると、他の二つがつられて短くなっていくものだ。

相手が顧客でも営業でも、それまで無かった新しい制約条件を追加されたときに、「それを実現すると、代わりにこれが犠牲になります」と言えなければ、プロジェクトを制御しているとは言えないと思う。

そういう意味で、この看板はただの冗談じゃなく、「誠実」と思った次第。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

「誠実なお店の看板」への2件のフィードバック

  1. 激しく同意。

    何でも出来ますじゃなくて、
    どんなときでもメリットとデメリットを伝えることが
    後々にとっても重要ですね。

    でないと、結局誰かが泣くことになりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください