日本発の英語ITブログAsiajinを始めた動機

今回はいつもとちょっと違う、個人的なお知らせエントリです。(告知に使わせてくれてありがとうございます > サイボウズ・ラボ) この後のこの件については、個人ブログの方で書くことになると思います。

昨日、メロートン社の新井俊一さんと、日本とアジアのウェブ業界情報を英語で発信する「アジアジン」という新ブログを正式にオープンしました。

del.icio.usやdiggで応援してくださった方、エントリを書いてくださったみなさま、ありがとうございました。おかげで昨晩はdel.icio.usのトップページに載ることができました。

英語ブログ開設の動機について

これまで二年半、当ブログで海外のネットサービスをたくさん見て、面白いと思ったものを紹介してきました。それらの中には日本語化して日本人にも使われているもの(YouTubeなど)もありますし、日本語化しなくても使われているもの(twitterなど)もあります。英語圏のネットを伝えるニュースやブログは人気が高いですし、海外から日本へは、たくさんの情報が流入しているといえるでしょう。

しかし逆はどうでしょう? 日本にも優れたネットサービスや面白いネットサービスはたくさんあると思っています。しかし、日本から海外へ進出した、というサービスはほとんど存在しません。英語版を作っても、それが海外のユーザに認知されて使われるところまでいかないのが現状です。

その大きな理由の一つは、やはり言葉の壁、そしてコミュニティだと思います。どんなに優れたものでも、英語でそこに「ある」ことを伝えなければ気づいてもらえないことがあります。

インターネットでどこからでもサービスを公開できるのに、実際にはシリコンバレーの影響力がある人の友達づてで推薦されて広まるということも多々あります。(Diggや英語のブログを読んでいると、付き合いベースでの新サービスの広まりというのを感じることがよくあります)

それに打ち勝つには、一つはその中心地に移住してしまうことでしょう。僕も一度は住んでみましたし、世界中から人が集まることでシリコンバレーがさらにパワーセンター化していっているのも確かです。

しかし、今の場所に住みながら、世界を相手にすることは本当にできないのでしょうか? 僕たちは、あきらめてはいません。イギリスやオーストラリア、ニュージーランドなどにも有名なネットサービスやブログは多数あります。韓国や中国、ドイツやフランスなどからも、数は少ないですが英語圏でちゃんとやっているネットサービスはあります。英語で発信し、英語圏のコミュニティに関与していくことで、日本からでもやれる、ということを確かめたいと思っています。

お願い

日本のことを英語で書いているブログは、すでにたくさんあります。最もよく見かけるのは、日本に来た英会話講師が書く日本体験記や比較文化論、最も人気があるのはガジェット・アニメ・マンガなどについてのブログでしょう。日本に住む外国人のブログがやはり多いですが、日本人で英語で発信されている方もたくさんいます。

日本のネット業界についての英語ブログも、少ないですがあります。今回のブログは、それらに+1するものです。このAsiajinだけで何かが解決するとは全然思っていません。英語ネイティブの人が書くより拙いものになりますが、日本人も発信していくことが大事だと思いますので、みなさんもぜひ、+1していきましょう。

仲間募集

Asiajinでは記事を書く仲間を募集しています。僕たちではちゃんと書けないジャンルはたくさんありますので、モバイルネットに詳しい人、投資や買収などに詳しい人、法規制や政府プロジェクト・大学関連に詳しい人など、(まだ気づいてないその他の面白いトピックに詳しい人も!)で興味のある方は、Asiajinのフォームからぜひご連絡ください。

直接英語で記事を書ける人はもちろんですが、日本語で「こういうのを書いたら面白いよ」と元ネタをまとめてくれる人、調査を手伝ってくれる人、英語を直してくれる人など、いろいろな方をお待ちしています。

注意書き

今回のアジアジンは、メロートーン社の新井さんをはじめ社外の人達と協力してやっていくブログということで、サイボウズ・ラボの社員としてではなく一個人として、プライベートの時間を使って運営していきます。Asiajinで書いたことの責任は、サイボウズ・ラボには一切ありません。

ただ、この告知エントリを会社のブログで載せさせていただくことを含めて、サイボウズ・ラボからは大きな支援をいただいています。その恩に報いるためにも、英語圏の読者を着実に獲得し、サイボウズ・ラボのネットサービスも紹介して、一緒に海外進出していければと思っています。

よろしくおねがいいたします。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。