Google AdSenseのクリック箇所減少の影響は無い、という主張

Google AdSenseの広告表示でクリックできる箇所が、枠全体からリンクとドメイン名だけに縮小された件で、これまで存在した「間違ってクリックした」ケースが減るという予想がGoogle自身からも予想されていたけれど、

“Did The Change in Google Ad Formats Affect Your AdSense Earnings”では、クリック率と収入をグラフにして、ほとんど影響無いようだ、とレポートしている。

実際は、クリック率がわずかに減少、しかしページビューあたりの収入は横ばい、というもの。このサイトの実例だけではなんとも言えないけれど、そういえば今回の変更の件はいろんなところで話題になったけど、その後下がったという話はあまり見ないなあ。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。