NETLOG 15ヶ国語対応のヨーロッパの巨大SNS

オープン・ウェブ・アウォードの結果、13個のネットサービスが各ジャンルでの最優秀ネットサービスに選ばれた。知っているものもあるが、日本人からみたら「見たことも聞いたこともないサービス」も含まれている。

日本語であまり情報がないものを中心に、どんなサービスなのか調べて解説をしてみようかと思う。

netlog-logo.png

メインストリーム・大規模ソーシャルサイト部門でbeboやVOISを抑えてトップに選ばれたNetlog(ネットログ) 旧名はFacebox。

Netlogは、ヨーロッパの15ヶ国語に対応した多言語ソーシャルネットワークサービス。本社はベルギー。ベルギー、イタリア、オーストリー、スイス、ルーマニア、トルコで1位。

米国からアジアへシフトしつつあるFrendsterが中国語・スペイン語・日本語などのローカライズを行なってきているが、15ヶ国語はすごい。

ヨーロッパは小国が多く、それぞれの言語人口だけではユーザ数の上限がすぐ見えてしまう(自国語の雑誌や書籍の発行が成り立たないぐらいの国も多い)ので、多言語化は重要だろう。

EU域内では比較的自由に人の移動があることから、複数の言語を切り替えて別言語のコミュニティにつながったりする需要も、アメリカ、日本や中国などに比べると多そうに思う。

SNSの機能としては、特に他の巨大SNSと違う機能は見つけられなかった。

  • プロフィール
  • クラン(clan, コミュニティ)
  • ブログ
  • ゲストブック(掲示板)
  • 写真共有
  • 動画共有
  • 音楽
  • イベント情報

netlog-profile-sample.png

公称ユーザ数は2800万人。Alexaの世界ランクは70位を越えて上昇傾向

[関連]

世界のSNS勢力地図 (2007/6, Netlogも前身のfaceboxも載っていないが)

汎ヨーロッパSNS「Netlog」、500万ユーロのファイナンスを実施

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください