twitterスパムが登場する?

via Mashable

Dave Winer(RSSの生みの親)がtwitterのreplyを使ったスパム広告の到来を警告している。

twitter-spam-dave-winer.png

この画像は彼がこしらえたサンプルだが、このようなスパムが横行することになっても不思議ではない、と言っている。以下のような点でスパム業者が参入して不思議でない状態だと。

  • 相手を指定して直接メッセージを送れる点でeメールと同じ
  • followされるとfollowしかえすポリシーのユーザも多い(スクリプトで自動化している人まで)
  • メッセージ中のリンクはtinyurlで縮められているため、URLを読ませずにどこにでも飛ばせる

短縮URLサービスの問題は日本語でも書かれていた人がいたと思う。

僕も、以前はfollowされたというお知らせメールから相手のtwitterプロファイルを開いて、それが誰か確認してfollowしかえしたりもしていたけれど、数が多くなってくるとたいへんになってメールも開かなくなってしまった。

そのうち、followの返礼の判断を補助するために、相手がスパマーか、そうでなくても半自動的にfollowをたくさんしているユーザか、というのを評価するためのサービス、なんていうのも求められるようになるのだろうか。GoogleのPageRankやTechnoratiのauthorityみたいなものが。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。