書評: ハイパフォーマンスWebサイト

献本いただいたもの

ハイパフォーマンスWebサイト / Steve Souders 著, 武舎 広幸、福地 太郎、武舎 るみ 訳

YSlow for Firebug ページのチューニングを助言してくれるFirefoxアドオンで紹介したYSlowの作者Steve Soudersさんによる、ブラウザクライアント側でのパフォーマンスチューニングを中心にしたtips本。

スケーラブルWebサイト(Flickrのウェブサイトスケール技術について解説した本)と同じ訳者による翻訳。スケーラブルWebサイトも面白かったので期待して読んだ。

YSlowと同時期にYahoo!から出された、ブラウザでの読み込みとレンダリング完了までの高速化についての最初の13個のtipsにAjaxの1個を加えた14個が、今回の本の内容になっている。

ウェブで発表された際にも、かなり細かいところまでブログやプレゼン資料で説明されていたが、本書ではもっと細かいところまで説明されている。それに日本語だし。また、アメリカの巨大サイト10個を例として出しているので、実際に「ここが遅くしている」といった解説がされている箇所のHTMLやスクリプトを見ることができるのもよい。

15章では、アメリカの人気サイト10個について、分析結果とさらにどう改善できるかを解説もしている。Googleのシンプルなトップページからでも問題点を見つけているのはさすがだ。

Yahoo!は、そのあとページの読み込みを早くするもう20個のtipsを発表している。

また、著者のSteve Soudersさんは、YSlowとこの本を出した後、Googleに移籍している。数日前には、ページ中から外部の遅延する要素を読み込んだときにどう全体に影響するかを実験できるCuzillionというサービスを公開し、これもGoogle Blogで言及されている。このCuzillionは、本書の中で出てきた実験用のスクリプトを、ユーザがブラウザ上で調整して実行できるというものだ。

ブラウザ関連のチューニングに関する腕をGoogleも認めたということか。本書の中でもGoogle Spreadsheetの高速化できる箇所などを指摘しているので、今後はGoogleのサービスにもここで書かれているようなチェックが入ってくると思われる。

一通り読んだけれど、非常に面白かった。この先も手元に置いて何度も見返すことになりそうな良書だ。


[書評に関する注意書き]

  • 貰って書いた本についてはその旨記述する
  • このブログはサイボウズ・ラボの社員ブログなので、秋元個人に献本いただいても、何でも自由に書けるわけではない。
  • もちろん、書評以外の他のブログエントリもそうだが、社員ブログではあってもサイボウズ・ラボ全社やサイボウズ・グループの意見を代弁してるわけではない。
  • 献本いただいても必ず読めるわけでも、ご紹介できるわけでもない。読書の速度は遅いので、発売前や発売直後に送っていただいても、ご紹介が半年後になるようなこともある

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.