Safariでページを反転させるブックマークレット

Ajaxianに出てた。Safariブラウザだけの機能。

-webkit-transform に ‘rotate(180deg)’ を与えると、180度回転したページが表示される。

javascript:document.body.style[‘-webkit-transform’]=’rotate(180deg)’;

flipped-on-safari.png

リンク先に、ブックマークレットが置いてある。flip2は確認を挟んで180度回転。

180deg, ってことは任意の角度でもいけるのかな、と20degを入れたら、こうなった

safari-rotate-20degrees.png

貼り付けたビデオプレイヤーは元の角度のままだったり、範囲選択がなんかカクカクしたりと新鮮で面白い。斜めにすると横幅が広くなるけど、横スクロールバーはでないなあ。

これ少しずつ値を変えたら、ページがぐるぐる廻せそうだね。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。