PHPのエラーメッセージをtwitterに投げるPHP Extention

あんまりつぶやきたいことも無いのだけれど、PHPにはあるかも… – Johannes Schlüterということで、Johannes Schlüterさんが、PHPのエラー情報をフックしてtwitterに投げるという面白いPHP拡張を公開されている。

php-error-to-twitter.png

「ピザを食べるだの食べてるだの食べただの書いてる人はよくわからないけど、エラーメッセージが出たとかエラーを直したとか書いてる人もいるから、興味のある人はいるんだろう。だったら、エラーメッセージを直接PHPに吐かせればいいんじゃね?」ということらしい。

PHP拡張といっても、スクリプト側にデータを戻したりするものではないので、ソースは単純で短い。PHPのエラー処理を横取りするところや、php.iniで設定されたパスワードを読むところ、twitter.comにPOSTするところなどは参考になる。twitterにしてもdirect messageで送るとか、twitter以外のIRCやSMSで送るとか、実用的な改造もありかと。

また、流量制限とかまったくしてないので、大量にエラーが出たらtwitterからユーザ削除されるかもしれない。

自分の書いたスクリプトのエラーがtwitterに流れてると思ったら緊張するだろうなあ。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。