Amazon EC2のベータが取れ、SLAができ、Windows/SQL Serverも対応した

Amazon Web Services Blogにて、クラウドコンピューティングプラットフォームの雄、Amazon Web Servicesの新機能が発表された。

  • Amazon EC2は「ベータ」ではなくなった
  • SLA(サービスレベル保証)がついた
  • Windowsがベータとして対応になった
  • MS SQL Serverがベータとして対応になった

ということ。また、

  • インタラクティブなAWS管理コンソール
  • ロードバランス、自動スケーリング、クラウドモニタなどの新機能のリリース

が予定されているそうだ。

待望のSLAだが、各Region(といっても今は一個しかない)での99.95%以上の稼働率を保証するとか。

Amazon EC2は僕も個人で使っているので、SLAが決まったのも良いし、予定されている新機能というのも楽ができそうでいい感じだ。

この記事は移転前の古いURLで公開された時のものです

  • ブックマークが新旧で分散している場合があります。
  • 移転前は現在とは文体が違い「である」調です。(参考)
  • 記事の内容が古くて役に立たなくなっている、という場合にはコメントやツイッターでご指摘いただければ幸いです。最新の状況を調べて新しい記事を書くかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。