RFIDで食材を管理する冷蔵庫の試作品デモ

Inmyfridge

In MY Fridge from fabian kreuzer on Vimeo.

RFIDタグがプリンターで簡単に印字できるようになる近い将来を踏まえたコンセプトで、買ってきた食材には全部RFIDタグがついていて、賞味期限等の情報が冷蔵庫から取れるようになっています。
冷蔵庫のパネルでは、悪くなりそうな食材を目立つように表示するなどして、無駄が発生しないようにするというわけです。扉の全面がカラー液晶になっていて、扉を開けていないのに内側のどこに何があるかが把握できそうです。やはり、これぐらいのインタフェースじゃないと使いやすくならないでしょうね。
さらにレシピ検索や食材のオンライン注文や切れそうな食材の通知などの機能を。
ネットワーク冷蔵庫は10年以上も前からいろいろなメーカーが発表していますけど、冷蔵庫にまでつなげるインターネット接続の容易さにしても、大きな液晶やタッチパネル、それを扱うソフトウェアについても、RFIDタグなどの価格についても、技術的な興味とかからではなく本当に便利に使えそうなものが商品化されても不思議じゃない状況になってきているのかもしれないな、と思いました。
via Arduino Refrigerator Concept: ReRFIDgerator – Technabob

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。