シリコンバレー語を覚えよう – 単に英語ができるだけではダメかも?

Pando Dailyで、現在のシリコンバレーで業界人に良く使われる単語が、一般人向けに解説されています。日本語でも既にバズっている言葉もありますが、シリコンバレーを目指す人は覚えておくといいかもしれません。いくつかご紹介。

イテレーション
繰り返しによる平凡な結果。「今回のイテレーションでは以下の新機能が追加されました!」を人間の言葉で言い換えると、「古いカスの上に新しいカスを積みました」となる。
ピボット
スタートアップが失敗のことを戦略的転進と言い換えるための素敵な婉曲表現。熱くなりすぎている投資家の出資を受けていることが多い。
ソーシャルグラフ
フェイスブックが作った、「友達のつながり」を印象的に表現するための何か
リーンスタートアップ
お金のないスタートアップから「ものをまともに考えられる人は誰一人僕らに出資しません」感を軽減し、「マラソン走者ってセクシー」感を付与する新語
ソロモ(SoLoMo)
まさに今流行の、キャメルケース(大文字小文字がラクダの背中のようにつながる)の素敵な言葉は、どんなネットビジネスの問題も解決する3つの概念、ソーシャル、ローカル、モバイルを指しています。ぜひこの言葉を覚えておいて使えるようにしましょう。幸いなことに、過去一年以内に起業したすべてのネットビジネスはこの要素をデフォルトで装備しています。
ビッグデータ
とってもとってもとってもとってもとってもとってもとってもとってもたくさんのデータ。大量のデータのパワー。
オプティマイズ
改良すること

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください