セントルイスデュア!ア! と ウェストワードホ! – 世界にはビックリマークのついた地名がある

正式名称に句点(。)のついたアイドルグループや読点(、)のついた俳優がいるように、感嘆符、いわゆるビックリマークがついた地名、というのが世界にはあるようですね。

カナダ・ケベック州のSaint-Louis-du-Ha! Ha!(フランス語)、「セントルイスデュア!ア!」は、アメリカ合衆国の北東端メーン州との国境に近いところにある人口1318人の小さな町。


大きな地図で見る

Wikipediaによれば、hahaは、フランス語の古い表現で、「予期せぬ障害」とか「突然終わっている小道」という意味だそうです。聖ルイは、地域の初期の入植者のルイ某の誰かを指しているのではということ。フランスから入植しようとしたルイなんとかさんが、「なんかこの先進めないなー。ここに町作るか」と言って建設した町だから、みたいな感じなんでしょうか。全然東海岸よりで行き止まりどころか広大なカナダが西に広がってますけどね。

また、イギリスの南西端に近いデボン州には、Westward Ho!(ウェストワードホー!)という村があります。


大きな地図で見る

こちらの名前の由来は、1855年に出版されたチャールズ・キンズリーの手による同名のベストセラー小説が元。この村の近くを舞台にして書かれた小説だということで、村の名前を小説にあわせることで観光客の誘致を狙ったのだとか。160年も前にあった村おこしですね。感嘆符(!)は、村名に含まれていて切り離せないそうで、イギリス領で地名に!が入っているのはここだけだとか。

日本でも、市町村合併などで変なカタカナ名をつけようとして話題になったりしていますが、目立ちたい、他と差別化したいという動機でやっているのなら、ひらがな化カタカナ化程度に留まらず、思い切ってビックリマーク(例: 高岡!市)やアットマーク(例: @高岡市)とかハッシュマーク(例: #高岡市)とか、記号をつけることまで検討してみるのもどうですかね?

via http://presurfer.blogspot.com/2011/01/saint-louis-du-ha-ha.html

「セントルイスデュア!ア! と ウェストワードホ! – 世界にはビックリマークのついた地名がある」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください