IKEAハック – イケア家具のパーツ+3Dプリンターで工作

この木製の子供用自転車、市販品のようにも見えますが、自作なんです。

ikea-stool-bicycle

部品の一つ一つがキレイに加工されているように見えますが、その秘密はというと、木のパーツは全部ここから来ているんですね。

ikea-frosta-chair

DIYのアイデアや手順をみんなで共有する投稿サイトInstructable で公開された、このDIY Draisienne(フランス語で「二輪車」)は、イケアの、日本でなら一脚999円で売っている椅子2脚を主要なパーツとして設計した二輪車で、イケア椅子の部品と、作者がオンラインで配っているデータを3Dプリンターで印刷したパーツ(作例ではオレンジ色の部分)とを組み合わせて作ることができます。

ikea-chair-and-3d-parts

組み立てのマニュアルも、言語に頼らず世界で使えるIKEA風

ikea-draisienne-manual-cover

ikea-draisienne-manual

この面白い二輪車を設計したのは、スイスの学生Andreas Bhendさんと、フランス・パリで3Dプリンターのスタートアップ企業に勤めるSamuel N. Bernierさん。それまでネットでしか面識の無かった二人ですが、アンドレアスさんがパリに行き、2日半で設計から製作までを完了したそうです。製作のセッションの様子はこちらの動画で公開されています。

アイデアの意義

3Dプリンターで工作するにしても、すべての部品を打ち出す必要は無いわけです。今はコストもかかりますし。大きな部品については、既にあるものを使い、それらを組み立てる際の小さな部品を3Dプリンターで配るのは利にかなっているでしょう。

その時に問題になるのは、規格化されたその「大きな部品」というやつを、どうやって入手するかということになりますが、そこでIKEAに目をつけたのは素晴らしいですね。

  • もともとIKEAの家具は、部品だけを売って顧客に組み立てさせるものが多いので、部品の形で買うことができますし、
  • 世界の多くの国に進出しているので、手に入れられる地域が多いですし、
  • どこの国のIKEAでも、ローカライズをあまりせずに、同じ規格の同じ製品を売っていますし、
  • 部品は重くて頑丈な合板が多い

と、3Dプリンター工作を支援するためにIKEAが存在するんじゃないか、とは言いすぎですけれど、大きくて重い規格化された部品の供給元として、これ以上ない相手なのではないでしょうか。

将来

3Dプリンターがもっと一般に普及した暁には、小さなパーツ、接続まわりのパーツは3Dプリンターにまかせてしまい、大きな要素だけを店舗で販売するような家具屋が登場しても不思議ではないですね。小さなパーツを同梱したり、欠品のサポートをしたりという手間が無くなりますし、顧客の方も、組み立てに失敗して部品を壊したり無くしたりしても、手元の3Dプリンターで補充・交換できてしまいます。

さらには、大きな部品を規格としてもっと点数を絞り込み、それらだけは近場で買えるようになっており、その部品を様々な違う家具を作るのに使う、と、最初からこのモデルで販売する家具チェーン、みたいなものも登場したりするのかもしれません。

via Life Hack of the Day: Turn an IKEA Stool into a Kid's Bike – Cheezburger

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。