ヨーロッパのそれぞれの言語はどれぐらい似ているのか、の図

スペイン語が母語の友人によると、イタリア語は、しゃべることはできなくても、ずっと聴いているとなんとなく言うことがわかるんだそうです。それぐらい二つの言語は似ているのだという話。もしかすると東京弁と関西弁みたいなものなのでしょうか。

etymologikon-lexical-distance-among-the-languages-of-europe

Teresa Elms さんが、ロシアの1999年の論文”Metatheory of Linguistics”の研究結果を2008年に図にしたのが、このヨーロッパ言語距離チャート。

ヨーロッパに多数ある言語の間の、「語彙」の類似性を元に、似ている言語の間をより太い線で繋いでいます。(文法が似てる、ではありません)

それぞれの丸の大きさは、その言語を話す人口の大きさを示します。同じ言語グループに属している言語は、同じ色が塗られています。

フランス語・イタリア語・スペイン語などを擁するオレンジのロマンス語、ドイツ語・英語・北欧諸語の青いゲルマン語、ロシア語や東欧諸語の赤のスラブ語の大きな3つのグループに、ケルト諸語(緑)、ギリシア語(薄紫)、アルバニア語(薄緑)、バルト諸語(紫)、フィン・ウゴル語(黄色)の少し間を置いた勢力。黄色のフィン・ウゴル語以外はすべてインド・ヨーロッパ語族に属します。

英語は、ノルマンコンケストの結果、ドイツ語に近い文法を持ちながら、75%の語彙はフランス語・ラテン語から取り入れており、グループを超えた語彙の近さは、たとえば、図から読み取れるように、同じロマンス語のルーマニア語よりも英語のほうがフランス語に近い、と言えるのだそうです。

図から、英語を学んだ人が比較的簡単に学べそうな次の言語はどのあたりか、とか、同じヨーロッパ人といっても、どの国の出身者がより英語が下手そうな可能性があるか、とか、予想がつけられそうですね。

via Flowing Data

「ヨーロッパのそれぞれの言語はどれぐらい似ているのか、の図」への53件のフィードバック

  1. 辞書とか文法とか食わせて自然言語処理で比較とかそういう話かと思ったら違った。 / “ヨーロッパのそれぞれの言語はどれぐらい似ているのか、の図 | 秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ” http://t.co/W3YayQBUHK

  2. これ、言語の類似性というより、国家と正書法と外来語の問題だったりする。 / “ヨーロッパのそれぞれの言語はどれぐらい似ているのか、の図 | 秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ” http://t.co/VJ3iF7IUFX

  3. ヨーロッパのそれぞれの言語はどれぐらい似ているのか、の図 http://t.co/KmMEu3LzPY @akkyさんから こういう研究、かなり有用ではなかろうか。アジアではその研究対象となる言語の数自体少ない?いや、たとえばアイヌ語、琉球語、あるいは日本各地の方言なども…?

  4. ヨーロッパのそれぞれの言語はどれぐらい似ているのか、の図 http://t.co/RsvxejD6Kd @akkyさんから ヨーロッパとか基本的に親戚みたいなもんだから。それよりも日本語とかペルシャ語とかが、どの位置にいてどれだけ離れてるかの方が知りたいってなった。

  5. へぇ、ここまで考えたことなかった。ノルマンコンケストか。おぉ。 RT @CookDrake: ヨーロッパのそれぞれの言語はどれぐらい似ているのか、の図 http://t.co/NuNEBGCFL8 @akkyさんから
    こういうのは見てて飽きないなぁ。

  6. ヨーロッパのそれぞれの言語はどれぐらい似ているのか、の図 http://t.co/1WTcSSM9zD via @akky 分かりやすい図。少しの違いだけれど、フランス語はスペイン語よりもイタリア語に近いんだな。やっぱりポーランド語は字も発音も全く予想がつかない別のグループ。

  7. なのでこの図のギリシャ語とイタリア語の位置はもうちょっと近くていいんじゃないかと直観的に思ってしまうのだが。 / “ヨーロッパのそれぞれの言語はどれぐらい似ているのか、の図 | 秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ” http://t.co/MEjKxexUbW

  8. 似てる言葉が多くて羨ましいわ。似てなくても単語レベルでは共通の物使ってたり。日本人が覚えやすいのって朝鮮語くらいだし…。/ヨーロッパのそれぞれの言語はどれぐらい似ているのか、の図 http://t.co/GsigrbzErB @akkyさんから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。