金を持て余した大富豪の遊び? シリコンバレーであちこちに100ドル紙幣を隠してまわる匿名ツイッターユーザー #HiddenCash が大人気

@HiddenCash という匿名ツイッターユーザーが2,3日前から始めたらしいとある活動が、アメリカのサンフランシスコ市/シリコンバレー界隈で大きな騒動を巻き起こしているようです。

彼が始めたのは、封筒に現金($100(1万1349円)とか)を入れて待ちの適当なところに置いて回る、というもの。それだけだと偶然見つけた人がびっくりするだけですが、置いて回る前後の周りの写真や、ヒントになりそうな文章をその度にツイートしていることから、町中を使った宝探しゲームの様相を呈し始めているようです。

3日間でついたフォロワーが既に3万人超え。10万人を超えたらまた沢山お金を配るよ、と言っています。

hiddencash-followers

今 #HiddenCash でツイッターを検索すると、毎分のように話題にしている人たちがいるようです。

hiddencash-search-on-twitter

また、お金を見つけた人たちの感謝のツイートが写真入りで続々と。

https://twitter.com/juxedposition/status/471071651040624641

サンフランシスコのローカルオンラインメディアThe Bold Italicに先週末金曜に届いたメールで、「社会実験の一環として市内に数百ドルを既に隠した」という匿名の連絡があり、メールに @HiddenCash のTwitter URLが載っていたのが発端らしいです。

この匿名の億万長者は、つい先ほど(現地月曜午後)にはラジオ局KTVUに電話出演し、名前を明かすつもりはないこと、この地域の不動産業界で自分で想像もしなかったような富を為したことから、自分の成功をコミュニティに還元しつつ、同時に楽しもうということでこのゲームを企画したのだということ、これまでにも多数の地元の団体に寄付をしたということなどを明かしています。

[追記 2014-07-19] あれから2ヶ月、HiddenCashを知る人が増えたためか、トラブルになっているという続報がきています。

現金ばらまきイベントで1000人が殺到、公園がめちゃくちゃに – エキサイトニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。